米国研究製薬工業協会(PhRMA)在日執行委員会新委員長にクリス・フウリガン(ヤンセンファーマ株式会社 代表取締役社長)が就任

DreamNews / 2019年9月26日 15時0分

写真

2019年9月26日
米国研究製薬工業協会

米国研究製薬工業協会(PhRMA)は、加盟企業の日本法人社長12名で構成する最高統治機関である在日執行委員会(JBEC: Japan-Based Executive Committee)の委員長に、ヤンセンファーマ株式会社 代表取締役社長 クリス・フウリガンが2019年9 月26日付で就任したことを発表しました。

フウリガンは、2018年2月より在日執行委員会副委員長を務めていましたが、米イーライリリー・アンド・カンパニーのバイオ医薬品事業部プレジデントへの転任に伴い、離日したパトリック・ジョンソンの後任として委員長に就任しました。
なお在日執行委員会 副委員長には、ジェームス・フェリシアーノ(アッヴィ合同会社 社長)、ヤニー・ウェストハイゼン(MSD株式会社 代表取締役社長)が就任しました。
委員長、副委員長ともに、任期は2020年12月末までとなります。

フウリガンは、企業体質改善、サプライチェーン、生産、マーケティング、営業、事業開発、そして経営管理等、製薬企業に必要な様々な職務を経験した後、2016年1月より、ジョンソン・エンド・ジョンソンの医薬品部門であるヤンセンファーマの日本法人、ヤンセンファーマ株式会社の代表取締役社長を務めています。それ以前は、ヤンセン オーストラリア&ニュージーランドのマネージング・ディレクターを務める傍ら、創薬重視型製薬企業で構成される『メディシンズ・オーストラリア』のメンバーとして、現地の産業を支援する重要な役割を担っていました。この他、同社のベトナム、ニュージーランド、米国の各関連法人でもリーダーシップを発揮した経歴を有しています。

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000202321&id=bodyimage1

フウリガンは在日執行委員会委員長就任に伴い、「現在、日本では5人のうち3人のがん患者さんが5年以上生存できるようになり、80%以上の方が病気休暇の取得から12か月以内に職場復帰できるようになりました。これは、極めて深刻な疾病に向き合い、成し得た顕著な進展の一例であり、PhRMA加盟企業は、各社の医療イノベーションを通じてこの進展に貢献してきたことに誇りを持っています。JBEC委員長として、今後も、日本政府との協力のもと、イノベーションを促進する政策の強化に向けて取り組んでいきたいと考えています。また、医療関連コストを低減しながら、より健康的で生産的な人生を実現するための、革新的な医薬品の開発、並びにアクセス向上に向けた努力を続けてまいります」とコメントしています。

副委員長に就任するジェームス・フェリシアーノは1999年に東京でキャノン株式会社へ入社し、その後米国にてMBAを取得し、2002年に米国ワイス社にて、アジア太平洋地域の業務に携わりました。2005年にワイス社のワクチン部門を統括するため再来日し、2009年にファイザー株式会社のワクチン事業統括部長、2013年メルクセローノ株式会社代表取締役社長を経て、2015年より現職のアッヴィ合同会社社長を務めています。
また、同じく副委員長に就任するヤニー・ウェストハイゼンは2014年10月に、Merck & Co., Inc., Kenilworth, N.J., U.S.A.に入社、オンコロジービジネス インターコンチネンタル担当のバイスプレジデントとして、日本、アジア太平洋、中国およびラテンアメリカの統括に携わり、2016年7月にMSD株式会社の代表取締役社長に就任しました。ウェストハイゼンはイーライリリー社でキャリアをスタートし、21年間の勤務において、出身国の南アフリカをはじめ、米国、ロシア、アジア地域などの世界各国で営業、マーケティング、オペレーション、マネジメントにおいて要職を歴任してきました。

●米国研究製薬工業協会(PhRMA)
PhRMAは、米国で事業を行なっている主要な研究開発志向型製薬企業とバイオテクノロジ―企業を代表する団体です。加盟企業は新薬を発見・開発し、患者さんがより長く、より健全で活動的に暮らせるよう、努力しています。加盟企業の新薬研究開発に対する投資額は、2000年からの累計では6,000億ドル以上に達し、2018年単独でも推定796億ドルになりました。

PhRMA日本オフィスホームページ  http://www.phrma-jp.org
PhRMAホームページ  http://www.phrma.org
PhRMA日本オフィスFacebook  https://www.facebook.com/phrmajapanoffice

【本件に関するお問い合わせ】
米国研究製薬工業協会(PhRMA)広報事務局(株式会社ジャパン・カウンセラーズ内)
TEL:03-3291-0118 FAX:03-3291-0223
E-mail:phrma_pr@jc-inc.co.jp



配信元企業:米国研究製薬工業協会
プレスリリース詳細へ

ドリームニューストップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング