【ジュピター出版新刊】2019年9月、本城武則著・小説『フェンス越しのキャッチボール』をAmazonプリント・オンデマンド出版で発刊。出版早々にAmazon売れ筋ランキング(POD部門)にて1位獲得!

DreamNews / 2019年10月7日 17時0分

写真

〈こころとからだの健康〉をテーマに書籍出版を手がけるジュピター出版株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:片山博文)は、本城武則著の小説『フェンス越しのキャッチボール』( https://www.amazon.co.jp/dp/4861830850)を2019年9月1日にAmazonプリント・オン・デマンド出版で発刊しました。
発刊後の9月9日にはAmazon売れ筋ランキング(POD部門)にて1位を獲得しました。

【書籍概要】
書籍名:フェンス越しのキャッチボール
分野:文芸(小説)
判型:四六版並製(ペーパーバック)182ページ
本体価格:1200円(消費税別)
発売日:2019年9月1日
ISBN: 978-4-86183-085-3
【著者について】
著者の本城武則氏は「本城式英会話スクール」( http://www.1eq.jp)の校長であり、これまで『なぜ私たちは3カ月で英語が話せるようになったのか』(実業之日本社刊)・『英語はまず日本語で考えろ!』(ディスカヴァー・トゥエンティワン刊)・『英語心をわくわくさせて』(ゴマブックス刊)など、英会話に関するベストセラー書籍を数々著しています。
【今作の特徴】
今作は著者・本城氏の幼い頃の実体験をベースに、九州・福岡の小さな町(春日)にあった米軍基地の子供達と地元の子供達との、野球を通した交流を描いた小説です。著者が長年教えている異文化・多言語コミュニケーションの原点とも言える体験を、小説という形で著しました。
出版不況に昨今、文芸作品の書籍化は有名作家や文芸賞受賞作、文芸誌連載作が中心であり、無名の新人は電子出版に頼らざるを得ない状況です。が、今作はAmazonプリント・オン・デマンド( https://www.amazon.co.jp/gp/help/customer/display.html?nodeId=201998960)によって出版することで出版費用の低廉化を図り、新人や無名の小説家にも出版機会を与えられる好例となる案件です。

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000203002&id=bodyimage1

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000203002&id=bodyimage2



配信元企業:ジュピター出版株式会社
プレスリリース詳細へ

ドリームニューストップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング