妖怪のまちが舞台!「日韓ロ国際交流第19回鬼太郎カップ境港駅伝競走大会」をミネラルウォーター『ミライズ』と『結(ゆいのみず)』が応援!

DreamNews / 2019年10月8日 13時0分

写真

ミネラルウォーターブランド 『ミライズ』と『結(ゆいのみず)』(製造・販売:永伸商事株式会社、本社:兵庫県尼崎市、代表:山本伸次)は、漫画家の故水木しげるさんの故郷として知られ、妖怪のまちづくりが進んでいる鳥取県境港市で2019年10月14日に開催される「日韓ロ国際交流第19回鬼太郎カップ境港駅伝競走大会」に協賛。地元「鳥取県大山山麓美水の郷」が採水地であるミネラルウォーター『ミライズ』と『結(ゆいのみず)』がランナーに提供されます。

部門別の出場チーム数は西日本を中心に一般33、自衛隊3、大学4、高校28チーム。実業団の強豪トヨタ自動車九州(福岡)や中電工(広島)、昨年12月の全国高校駅伝で2年ぶり2度目の優勝を飾った倉敷高(岡山)などハイレベルなチームも参戦、ウラジオストクからの参加は環日本海定期貨客船で結ばれる地域同士のスポーツ交流の一環で、境港市が2010年から招待。出場は9回目となります。
『ミライズ』と『結(ゆいのみず)』は、採水地である地元鳥取県のスポーツイベントの協賛を通じて、人々の健康とよろこびを応援しています。

【大会概要】
● 大会名称: 日韓ロ国際交流第19回鬼太郎カップ境港駅伝競走大会
● 大会日程: 2019年10月14日(日)
● 開催場所: 鳥取県境港市 境港市営竜ケ山陸上競技場(スタート)
● 主催: 鳥取陸上競技協会 境港市 新日本海新聞社
● 公式サイト:  http://www.nnn.co.jp/event/kitaro/

【ミライズについて】
「美水の郷」と呼ばれる鳥取県・大山山麓で採水されたミネラルウォーター。2017年モンドセレクション最高金賞を3年連続受賞で、上品で柔らかい口当たりの軟水です。
「未来を飲もう、ミライズを飲もう。」をテーマに、スポーツ、健康、そして、水と未来。からだを潤すだけでなく、水とともにつくる澄み切った未来を目指しています。
● ミライズWEBサイト:  http://www.eishin-group.com/softdrink/miraiz.html

【結(ゆいのみず)について】
鳥取県の大自然の中から生まれた「結(ゆいのみず)」は、2018年モンドセレクション金賞を3年連続受賞。大山山麓の地下100メートルから採水した、上品で柔らかな口当たりの軟水。ラベルデザインは、鳥取の雄大な自然を象徴する伯耆大山に、県下の二十世紀梨の花をあしらっている。
● 結 WEBサイト:  http://www.eishin-group.com/softdrink/yuinomizu.html

◆本件に関する問い合わせ先
永伸商事株式会社 ソフトドリンク事業部 担当:小島(こじま)
TEL: 06-6422-7200  FAX: 06-6422-8286

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000203047&id=bodyimage1



配信元企業:永伸商事株式会社
プレスリリース詳細へ

ドリームニューストップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング