大分県立美術館・大分市美術館連携事業 講演会“「謎の建築家 坂 茂」難民用住宅から美術館まで”開催のお知らせ

DreamNews / 2019年10月15日 18時0分

写真

公益財団法人大分県芸術文化スポーツ振興財団が運営する大分県立美術館は、令和2年4月24日に開館5周年を迎えます。開館5周年を記念し、大分県立美術館では、当館の設計者で、プリツカー賞受賞者の坂 茂氏の企画展を来春計画しています。これに関連して、坂 茂氏による講演会を下記のとおり、大分市美術館で開催中の[磯崎新の謎]展と連携して、実施いたします。

●講演者: 坂 茂氏(建築家)
●日時: 10月20日(日)13:30~15:00 ※開場13:00
●場所: 大分市美術館 ハイビジョンホール (大分市大字上野865番地)
●演題: 「謎の建築家 坂 茂」難民用住宅から美術館まで
●参加費: 無料(要事前申込)
●募集人数: 80人
●申込方法: Tel: 097-533-4500までお電話、またはapp@opam.jpへ[件名]にイベント名、[本文]にお名前とご連絡先のお電話番号をご記入の上、お申し込みください。定員に達し次第、締切とさせていただきます。 http://www.opam.jp/topics/detail/532

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000203460&id=bodyimage1

■講演者プロフィール

坂 茂 Shigeru BAN

1957年 東京都生まれ
1984年 クーパー・ユニオン建築学部卒業
1982年から83年まで、磯崎新アトリエに勤務
1985年 坂茂建築設計を設立
1995年から2000年まで、国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)コンサルタント、同年にNGO ボランティア・アーキテクツ・ネットワーク(VAN)を設立
現在、京都造形芸術大学芸術学部環境デザイン学科教授、慶應義塾大学環境情報学部教授

【主な作品、活動等】
「大分県立美術館」、静岡県富士宮市「富士山世界遺産センター」、東京銀座「ニコラス・G・ハイエック・センター」、スイス・ビール市「スウォッチ・オメガ本社」、フランス国立近代美術館分館「ポンピドゥー・センター - メス」 、パリ郊外セガン島音楽ホール「シテ・ミュージカル」他多数 災害支援活動として、阪神淡路大震災 神戸市長田区「紙の教会」(1995)、ルワンダ「国連難民高等弁務官事務所用の紙のシェルター」(1999)、四川大地震 中国「成都市華林小学紙管仮設校舎」(2008)、東日本大震災 宮城県女川町「コンテナ多層仮設住宅」(2011)、ニュージーランド・クライストチャーチ「紙の大聖堂」(2013)、熊本地震「木造仮設住宅」(2016) 他多数

【主な受賞】
フランス建築アカデミーゴールドメダル(2004)、アーノルド・W・ブルーナー記念賞建築部門世界建築賞(2005)、オーギュスト・ペレ賞(2011)、芸術選奨文部科学大臣賞(2012)、フランス芸術文化勲章コマンドール(2014)、プリツカー賞(2014) 、JIA日本建築大賞-大分県立美術館(2016)、紫綬褒章(2017)、マザーテレサ社会正義賞(2017)他多数

坂茂建築設計  http://www.shigerubanarchitects.com/

○問い合わせ
公益財団法人大分県芸術文化スポーツ振興財団
大分県立美術館 学芸企画課 宇都宮・宗像
Tel: 097-533-4500 Email: info@opam.jp



配信元企業:公益財団法人 大分県芸術文化スポーツ振興財団
プレスリリース詳細へ

ドリームニューストップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング