企業の業務効率化を促進し、営業体制の再構築を実現する!「Bカート」と販売管理・仕入・在庫管理システム「PCA商魂・商管DXクラウド」がAPI連携を開始

DreamNews / 2019年11月8日 10時0分

写真

株式会社Dai(本社:京都府京都市、代表取締役社長:木脇 和政、以下「当社」)は、当社が提供するBtoB EC・Web受発注システム「Bカート」と、ピー・シー・エー株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:佐藤 文昭)が提供する販売管理・仕入・在庫管理システムのクラウドサービス「PCA商魂・商管DXクラウド」とのAPI連携(パートナー契約)を11月8日より開始したことを発表します。



■「Bカート」と「PCA商魂・商管DXクラウド」のAPI連携について
今回の連携において、「Bカート」で処理が完了した注文データをワンアクションで「PCA商魂・商管DXクラウド」の売上伝票として取り込むことができるようになります。

また連携に必要な項目設定などは専用画面にてお客様自身が簡単に設定できるようになっております。
この連携により、Bカートを利用しているEC事業者は、「PCA商魂・商管DXクラウド」へのデータ入力の工数を大幅に減らすことができるようになり業務効率の向上が見込めます。

また、BtoBのECサイトを利用することで営業体制の再構築をおこうことができるようになります。
商圏外のエリアへの販路拡大や、24時間受注可能な体制を整えることによる顧客サービスの向上、取引量の少ない得意先との効率的な営業体制の構築など業務効率化だけでなく営業力アップをご支援いたします。

そして、ECサイト上での情報発信やおすすめ商品のレコメンド、在庫・価格・出荷状況の確認など、得意先とのインタラクティブなやりとりを画面上でおこなうことができるようになります。
BtoB領域でもインターネット広告やツールなどを活用してデジタルマーケティングに取り組む企業も増えています。



■今回の連携で実現すること
BtoB EC市場は約344.2兆円(※)規模で、EC化率も30.2%(※)となっています。
BtoB取引のEC化は今後も浸透していくと考えられ有望なマーケットだと認識されています。
しかしながら、企業活動における様々な業務がまだ完全にクラウド化されてはおらず不十分な状態です。

今回の「PCA商魂・商管DXクラウド」とのAPI連携により、バックヤードの業務効率が飛躍的に向上し、営業体制の再構築をおこなうことができるようになります。
受発注業務から販売管理までの業務プロセスをデジタル上でおこなうことでクラウドサービスの恩恵を受けることができるようになります。
※経済産業省「平成30年度我が国におけるデータ駆動型社会に係る基盤整備(電子商取引に関する市場調査)」



■PCA商魂・商管DXクラウドについて
https://pca.jp/area_product/prokon_prokan.html

「PCA商魂・商管DXクラウド」は、販売・仕入・在庫の垣根無くリアルタイムに商品把握が可能。
多彩な商品単価設定、複雑な取引条件も対応可能。

サービスに関するお問い合わせ先
電話:03-5211-2700



■BtoB EC・Web受発注システム「Bカート」  https://bcart.jp/

運営実績No.1(※)月額9,800円~最短3日で利用できるBtoBの受発注業務をEC化するクラウドサービス。
BtoB取引に必要な機能を全て標準対応しているのでスモールスタートすることが可能。
※日本ネット経済新聞調べ

・Bカートの特長
(1)BtoB-EC専用のカートシステム
BtoBの複雑な取引条件やシステム要件にも標準対応。
システム開発やカスタマイズではネックとなるコストや納期といった問題を解決し、毎月無料のアップデートも実施。

(2)圧倒的な実績
すでに500社を超える企業が導入し、30万を超える法人や事業者がBカートを利用しています。
サービスサイトには常時60以上の事例を紹介中。

(3)連携サービスが豊富。さらにはAPIも公開
決済・物流・基幹システム・解析・集客など他社の有力サービスとの連携も豊富。
また、BtoB-EC専用のカートシステムとして初めてAPIを公開。
独自システムとの自動連携も実現し、サブシステムの構築も可能。

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000204895&id=bodyimage1



配信元企業:株式会社Dai
プレスリリース詳細へ

ドリームニューストップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング