産業用IoT市場、アジア太平洋地域の市場は最大25%のシェア - 工場での自動化促進のため革新的な製造技術を採用

DreamNews / 2020年3月3日 13時0分

写真

株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「インダストリアルIoT (IIoT) の世界市場:分析と予測 (2019-2024年)」 (BIS Research Inc.) の販売を3月3日より開始いたしました。

2018年から2024年までの産業別のアジア太平洋産業IoT市場の市場価値において製造市場は2018年に52億4,000万ドルと計算され、2024年までに90億3,000万ドルに達すると予想されます。

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000211090&id=bodyimage1

上記の表は、アジア太平洋地域のさまざまな国の産業用IoT市場の市場価値を示しています。 2018年、アジア太平洋地域の市場は最大25%のシェアを占めました。 中国、日本、シンガポールなどの先進国は、工場での自動化の採用を促進するために革新的な製造技術を採用しています。 さらに、Made in China 2025、Industrial Value Chain Initiative、Make in Indiaなどの政府のイニシアチブは、国内での産業IoTの普及の触媒として機能しています。

【 当レポートの詳細目次 】
https://www.gii.co.jp/report/bis919279-global-industrial-iot-market-focus-on-ecosystem.html

レポートサンプルのご提供や試読サービスなども行っております(無料)。

【本件に関するお問合せは下記まで】
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
Tel:044-952-0102
e-mail:jp-info@gii.co.jp
URL: https://www.gii.co.jp/
〒215-0004
神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F





配信元企業:株式会社グローバルインフォメーション
プレスリリース詳細へ

ドリームニューストップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング