グローバル品質管理ソフトウェアの市場規模-2019年に85億米ドルと評価

DreamNews / 2020年3月16日 13時0分

写真

株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「品質管理ソフトウェアの世界市場の分析 (2020年)」 (QYResearch) の販売を3月16日より開始いたしました。

グローバル品質管理ソフトウェアの市場規模は2019年に85億米ドルと評価され、今後数年間で大幅に成長すると推定されています。品質保証の重要性の増加、顧客中心の生産、規格や規制の変更などの要因が、品質管理ソフトウェア市場の成長を促進しています。現在市場で入手可能な品質管理ソフトウェア(QMS)ソリューションは、不適合、苦情処理、文書管理、校正、変更管理などの多くの機能を提供し、組織全体の品質管理に不可欠なツールとなっています。製造業、ヘルスケア&ライフサイエンス、IT&テレコムなどの業界では、QMSソリューションが急速に採用されています。その他の最終用途産業には、自動車、防衛および航空宇宙、小売業などがあります。北米地域は、ヘルスケア産業での安全およびコンプライアンス基準の大規模な採用により、2019年に約43.65%の市場シェアでQMS市場を支配しましたまた、近年見られるISO 9000原則の採用の急増。アジア太平洋地域では、予測期間中に品質管理ソフトウェアの需要が急増すると予測されており、2020~2025年にはCAGRが15.94%になると予想されます。欧州の地域市場は成熟段階にあり、予測期間中にシェアを失うと予測されています。

Autodesk Inc.、MasterControl、Inc.、Oracle、Siemens、およびSAP SEは、この分野の主要な市場プレーヤーです。 他の主要ベンダーには、Dassault Systemes SE、Aras Corporation、Arena Solutions Inc.、Parasoft Corporation、およびHewlett-Packard Enterprise Co.が含まれます。市場に多数のソリューションプロバイダーが存在することで、プレーヤー間の激しい競争が発生することが予想されます。 市場での地位を維持するために、企業は追加機能、高度な機能、クロスプラットフォーム統合を備えた製品を発売しています。 さらに、製品の差別化とアップグレードは、市場の企業にとって競争上の優位性への道を開くと予想されます。 各QMSプロバイダーには、独自の成熟した販売ネットワークがあります。 より良い販売ビジネスを達成するために、品質管理ソフトウェアベンダーは通常、毎年マーケティングチャネルインフラストラクチャに投資しています。

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000211833&id=bodyimage1

【 当レポートの詳細目次 】
https://www.gii.co.jp/report/qyr466451-global-quality-management-software-sales-market.html

ご購入検討用にレポートサンプルのご提供や試読サービスなども行っております(無料)。

【本件に関するお問合せは下記まで】
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
Tel:044-952-0102
e-mail:jp-info@gii.co.jp
URL: https://www.gii.co.jp/
〒215-0004
神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F



配信元企業:株式会社グローバルインフォメーション
プレスリリース詳細へ

ドリームニューストップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング