動物用医薬品CRO市場、2027年に14億4,015万米ドル規模に到達見込み(The Insight Partners発行レポートより)

DreamNews / 2020年3月24日 11時0分

写真

株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「動物用医薬品CRO(開発業務受託機関)の世界市場:サービスタイプ・用途・適応症・エンドユーザー・地域別」(The Insight Partners発行)の販売を3月23日より開始いたしました。

【サービスタイプ別では臨床試験セグメントが急成長予測】

The Insight Partnersによると、世界の動物用医薬品CRO市場は、2019年の7億1,081万米ドルから2027年には14億4,015万米ドルに達し、2020~2027年に9.3%のCAGRで成長すると推定されています。当レポートは、世界の動物用医薬品CRO市場の傾向と、市場の成長要因および阻害要因を提供しています。

動物用医薬品CRO市場は、サービスタイプ別に臨床試験、毒性学、承認・規制サポート、その他、に区分されます。

動物医療費の増加などの要因により、動物用医薬品CRO市場は成長すると予想されます。さらに、新興国における開発の機会は、今後数年間で市場の成長にプラスの影響を与える可能性があります。

臨床試験セグメントは2019年に市場をリードし、2020年から2027年までの予測期間中もその優位性を維持すると見込まれています。地域別では、北米は2019年にすべての分野で最大のシェアを保持しており、2027年までに国内のコンパニオンアニマルの所有権の増加と動物の医療費の急増により市場を支配すると推定されています。2019年、世界の動物用医薬品CRO市場で最も急速に成長している地域はアジア太平洋地域でした。予測期間中、さらに速いペースで成長すると見込まれています。アジア太平洋地域における動物用医薬品CRO市場の成長は、主に確立された医薬品市場、医薬品およびバイオ医薬品企業によるR&D支出の増加、有利な規制政策、低コストの製造およびR&D、地域における医薬品およびバイオテクノロジー企業の増加によるものです。



【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000212215&id=bodyimage1

世界の動物用医薬品CRO市場の主要企業は、Charles River Laboratories Inc.、Clinvet、Klifovet Ag、Lohlein and Wolf Vet Research、Oncovet Clinical Research、Ondax Scientific、Triveritas、Veterinary Research Management (VRM) LTD、VetPharm Inc.、Vetspin SRLなどがあります。

【当レポートの詳細目次】
https://www.gii.co.jp/report/tip925032-veterinary-cros-market-global-analysis-forecasts.html

ご購入検討用にレポートサンプルのご提供や試読サービスなども行っております(無料)。

【本件に関するお問合せは下記まで】
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
Tel:044-952-0102
e-mail:jp-info@gii.co.jp
URL: https://www.gii.co.jp/
〒215-0004
神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F



配信元企業:株式会社グローバルインフォメーション
プレスリリース詳細へ

ドリームニューストップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング