南海マネジメントサービス株式会社、基幹業務システムに「ZAC」を採用

DreamNews / 2020年4月6日 18時0分

写真

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000212974&id=bodyimage1

株式会社オロ(東京都目黒区 代表取締役社長 川田篤、以下オロ)は、南海マネジメントサービス株式会社(大阪府大阪市 取締役社長 田内信彦、以下南海マネジメントサービス)がオロのクラウドERP「ZAC」を基幹業務システムとして採用したことを本日発表いたします。

南海マネジメントサービスは、南海電鉄グループの経理業務シェアードサービスセンターとして正確かつタイムリーな経理業務を行っているほか、南海電鉄の鉄道業務をサポートする「駅務システム」の構築・運用、グループ各社のシステム化の支援を手掛けています。グループ内で長年培った経験とノウハウを活かし、クライアントの業務全体の品質向上とトータルコストの低減に貢献しています。

同社では担当者別やプロジェクト別の損益が把握できていないことや、見積書や注文書、請求書といった帳票の作成に時間がとられ、管理部門の負担が多いことが課題となっていました。選定にあたっては上記の課題解決とともに、経営データのアウトプット機能が充実している点が評価されました。

ZACの導入により、プロジェクトの売上、仕入、外注費、経費をひとつに集約し、担当者別やプロジェクト別の損益が見える化されます。また見積書作成から請求書発行、入金消込など販売管理をシステムで一元化することで、それらの帳票作成のための転記や集計作業に奪われていた工数を削減します。そのほか、担当者別・クライアント別・月別など様々な切り口における損益レポート、予実対比をワンクリックで出力可能になることで、タイムリーな経営数値の把握や経営判断を支援する管理会計の実現を目指します。

-------------------------------------------------------
【ZACについて】
https://www.oro.com/zac/

【ZAC導入事例インタビュー】
https://www.oro.com/zac/casestudy/index.html
-------------------------------------------------------

■「ZAC 」の導入にあたり、下記の点が評価されました。
1.担当者別・クライアント別など各種セグメントごとの損益の可視化
2.見積書作成から請求書発行、入金管理までを一元化し、業務を効率化できる
3. 経営判断を支援する、豊富なアウトプット機能

オロは今後もシステム開発業での実績拡大を推進し、より多くの企業の生産性向上に貢献してまいります。

<本リリースに関するお問い合わせ>
株式会社オロ マーケティンググループ 担当:西村
TEL:03-5843-0653/Mail:zac@jp.oro.com



配信元企業:株式会社オロ
プレスリリース詳細へ

ドリームニューストップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング