オンライン介護の運用開始 和楽久シニアレジデンス長津田

DreamNews / 2020年6月16日 12時0分

写真

新型コロナウイルス肺炎で、医療・教育のオンライン化が話題になっています。

先進的認知症介護などで数多くの賞を受賞しています(有)真全は、横浜市で運営するサ高住『和楽久シニアレジデンス長津田』と、併設の小規模多機能型居宅介護『シニアサロンデュランタ』で、テレビ電話付ナースコールを機能アップして、最新のオンライン介護システムの運用を2020年5月18日より開始しました。



【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000217199&id=bodyimage1

「要介護高齢者の場合は、介護者がどのように接するかが重要。ご本人の不安や訴えを丁寧に傾聴する事で安心されるケースが多く、夜間や遠隔で直接お話しするのが難しい場合に非常に役に立つ事になります。そして多くの施設でコロナ感染防止のために面会制限が実施されていますが、入居している親御さんと操作の簡単なテレビ電話で、顔を見ながら話せたり、様子の確認が可能となり安心できます」と話す弊社社長杉崎俊一。

弊社の運営施設は、社長杉崎自身の母親の介護を考えた際「母が過ごすならこんな場所がいい」とイメージして作り上げました。日々試行錯誤を重ねた結果「和楽久シニアレジデンス長津田」が第1回リビング・オブ・ザ・イヤー2014で優秀賞を受賞しました。これを皮切りに、併設する「シニアサロンデュランタ」が、認知症介護のバリデーション対応やボランティアへの活動対応が評価され、神奈川県内の事業所の中で、第1回・3回かながわベスト介護セレクト20を受賞(16年・18年)。認知症対応型共同介護「グループホームまっとう」でも、認知症介護が評価され第2回かながわ介護セレクト20を受賞(17年)し、3年連続受賞の快挙を果たした。

現在「和楽久シニアレジデンス長津田」で個別見学を受付中。
同施設は入居一時金0円、敷金0円。
訪問・通い・宿泊を定額制で利用できる「シニアサロンデュランタ」でも募集中。

和楽久シニアレジデンス長津田(運営管理:有限会社真全(まっとう))
施設長 新間 満
横浜市緑区長津田7-15-8
045-479-1850
duranta_shinma@yahoo.co.jp
https://mattou.jp/



配信元企業:有限会社真全
プレスリリース詳細へ

ドリームニューストップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング