AI を活用した最先端セキュリティ製品 CloudCoffer が SaaS 提供基盤に「リンク ベアメタルクラウド」を採用

DreamNews / 2020年7月14日 13時0分

株式会社リンク (本社:東京都港区、代表取締役社長:岡田元治) は、物理サーバがクラウドのように使える「リンク ベアメタルクラウド」が、株式会社アリス(本社:東京都新宿区、代表取締役:小林昭伍、以下 アリス)が提供する Web アプリケーションファイアウォール(以下 WAF)の SaaS 型サービス「CloudCoffer on Cloud」のプラットフォームに選定されたことを本日お知らせします。

サイバー攻撃の手法は日々高度化・巧妙化しており、従来型の製品で使われているシグネチャマッチング(※1)などの技術では最早防ぎきれなくなっています。

※1 シグネチャマッチング:既知の攻撃の特徴を記述したシグネチャと呼ばれるデータを、ネットワーク上を流れるパケットの内容と比較して一致した場合に攻撃が発生したとして検知する方式。

CloudCoffer on Cloud は、CloudCoffer 社がカーネギーメロン大学 CyLab の世界屈指の AI 技術を用いて開発したゲートウェイ型セキュリティ製品「CloudCoffer」を、アリスがクラウドで提供するサービスです。世界 16 万カ所に及ぶハニーポット(※2)から得られた膨大な攻撃サンプルと、最高位の技術を持った 200 人に及ぶホワイトハッカーによる攻撃によって鍛え抜かれた AI エンジンを活用しており、既存の WAF や IPS(不正侵入防御システム)では防御が困難だったゼロデイ型の攻撃(※3)や、既知の攻撃の亜種、難読化されたマルウェアなどの検知・遮断に威力を発揮します。

※2 ハニーポット:不正なアクセスを誘いだし、攻撃者の行動パターンなどの収集を行うシステム・ネットワーク。
※3 ゼロデイ型の攻撃:脆弱性が発見されてから修正プログラムが提供されるまでの間に脆弱性をつく攻撃。

従来の CloudCoffer は、アプライアンス(専用機器)、またはサーバに組み込むソフトウェアの形式で提供されていますが、運用するにあたり、ユーザ自身が機器を管理したり、ソフトウェアを稼働させるためのサーバを用意したりする必要がありました。今回、SaaS 版である CloudCoffer on Cloud がリリースされたことにより、ユーザは自前で設備を管理する必要がなくなり、より手軽かつスピーディに導入することができるようになります。

SaaS 版のサービス基盤として選定されたリンク ベアメタルクラウドは、クラウドサービスが持つスピード感や手軽さと、物理サーバの高性能かつ安定性といったメリットを併せ持つサーバサービスです。広帯域の通信回線や、トラフィック(通信量)に関係なく定額で利用できる料金体系に加え、24 時間 365 日の自社サポート体制などが決め手となり採用に至りました。

今後、リンク ベアメタルクラウドでは、CloudCoffer の機能を提供するオプションサービスをリリースする予定です。高水準のセキュリティを提供するとともに、専用物理サーバやプライベートクラウドなどの豊富なラインナップで企業によって異なるサーバ環境のポリシーに対応し、多くのユーザにより安心してご利用いただける IT インフラを提供してまいります。


リンク ベアメタルクラウドについて
リンク ベアメタルクラウドは、クラウドサービスが持つ「スピード感」や「手軽さ」と、物理サーバの「高性能」かつ「安定性」といったメリットを併せ持つサーバサービスです。スピードが必要な Web サービスから品質を重視するエンタープライズまで、幅広い用途に適しています。経験豊富なスタッフによる課題解決の提案や、電話・メールでの 24/365 サポートを標準サービスとして提供しており、導入検討の段階から導入後のフォローまで手厚いサポートを行っています。
サービスの詳細は、 https://baremetal.jp/ をご覧ください。

CloudCoffer について
CloudCoffer 社は、台湾大学、カーネギーメロン大学マスターコースを優秀な成績で卒業し、金融機関・政府機関などのセキュリティコンサルティングで実績を積んだ Ray Chiang 氏が 2015 年に台湾にて創業した企業です。セキュリティコンサルティングでの豊富な実績を持つ優秀なホワイトハッカー集団、カーネギーメロン大学由来の AI エンジン、世界最高峰のサイバー攻撃検知能力を持ったゲートウェイ型製品の CloudCoffer によって、急速に成長しつつある企業です。
サービスの詳細は、 https://www.cloudcoffer.jp/ をご覧ください。

株式会社リンクについて
株式会社リンクは、業界最大級の稼動台数を持つ専用ホスティングを軸として、クラウド型ホスティングやクラウド型テレフォニーサービス、セキュリティプラットフォームサービスなど、さまざまなインターネット関連サービスを提供しています。農系事業にも取り組んでおり、2011 年 10 月からは岩手県岩泉町にある自然放牧酪農場「なかほら牧場」を運営しています。
事業の詳細は、 https://www.link.co.jp/ をご覧ください。

株式会社アリスについて
株式会社アリスは、時代に適した情報技術に貢献することを目的として 2001 年 6 月に、現社長である小林昭伍によって設立されました。技術者派遣、製品販売を主業とするアリス本社、インフラ・ネットワーク・セキュリティの構築を担当する関連会社のアイ・エフ・ティ、ソフトウェア開発拠点となる子会社のアリスベトナムを有し、総勢約 340 名のエンジニア集団です。AI セキュリティ事業部を 2019 年 8 月に設立し、CloudCoffer やセキュリティコンサルティングの RayAegis 社などのセキュリティ関連ビジネスを強化しつつあります。
事業の詳細は、 https://www.aris-kk.co.jp/ をご覧ください。

本プレスリリースに関するお問い合わせ先
株式会社リンク マーケティング部 担当:井上
TEL:03-5785-2255 / FAX:03-5785-2277 / Email:marketing@link.co.jp



配信元企業:株式会社リンク
プレスリリース詳細へ

ドリームニューストップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング