ケンブリッジ大学グループがLINE LIVEオンライン英語授業を無料開催

DreamNews / 2020年8月7日 13時0分

写真

8/11(火) 午前11時~12時 就活生・大学生向け
オンライン4技能テスト「Linguaskillビジネス」スピーキング対策講座
講師:ネイティブ講師

8/12(水) 午前11時~12時 中高生向け
Trevor先生の「ケンブリッジ英語検定」A2→B1レベルへのスピーキング対策講座
講師:ネイティブ講師

名門英国ケンブリッジ大学の一部門で非営利組織のケンブリッジ英語検定機構(Cambridge Assessment English)が、8月11日(火)午前11時からは就活生・大学生を対象に、 8月12日(水)は午前11時から中高生向けに、LINE LIVEで英語スピーキング対策講座を無料開催する。

オンライン4技能テスト「Linguaskill ビジネス」

テストは100年以上にわたり世界基準の英語テストを提供し続ける英語テストの権威、英ケンブリッジ大学英語検定機構が開発・提供する「Linguaskill(リンガスキル)ビジネス」。大手総合商社や外資系企業などで、従業員や新入社員の実践的な英語力の測定のため急速に活用が進んでいる注目の英語テスト。英語力の証明が必要な就活生にも活用が見込まれている。英語力の指標とされるCEFRなどのスコアを正確かつ迅速に測定する、最新鋭のAI自動採点技術を搭載した信頼性の極めて高いテストでもある。「Cambridge Englishスケール」(80~230のスコア値)で試験結果が表示されるため、作問機関が同じケンブリッジ英語検定やIELTSのとの比較も可能。今回は、このLinguaskillビジネスでスコアアップを獲得するための学習方法はもちろん、今年6月よりサービス開始となったAIを搭載したプロクタリング(遠隔試験監督)システムについても情報が得られる。決まった試験日はなく、PCのスペック・インターネット環境の一定条件を満たせば自宅を含めいつでも受検可能なLinguaskillビジネス。迅速な結果の提供も魅力。

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000220349&id=bodyimage1

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000220349&id=bodyimage2

英語テスト界の世界的権威「ケンブリッジ英語検定」

ケンブリッジ英語検定は100年以上の歴史を持つ、世界で英語力の証明として使われている世界基準の英語検定。ケンブリッジが作問する試験の年間受検数は世界で約700万人。その試験結果は生涯有効であり、国内・世界各国の大学で広く活用されている。国内ではあまり深く知られていないが、同テストはCEFRの生みの親でもあり、その点でも他英語テストと比べて独特の視座を有している。

受講は無料。スマートフォンで事前にLINE LIVEアプリをダウンロード、アプリ内で「Linguaskillビジネス英語対策」または「ケンブリッジ英語検定対策」と検索すれば、開始時間から受講が可能。

【ケンブリッジ大学英語検定機構 日本オフィス】

Address:〒101-0054 東京都千代田区神田錦町1-21-1 ヒューリック神田橋ビル 9階
TEL:03-3518-8276 / FAX:03-3518-8274
Email:InfoJapan@cambridgeenglishreps.org
Website: https://www.cambridgeenglish.org/jp/



配信元企業:ケンブリッジ大学英語検定機構
プレスリリース詳細へ

ドリームニューストップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング