学費全額免除!令和2年7月九州豪雨で被災した中高生を経済支援 ~進学をあきらめないで。被災相談窓口設置~

DreamNews / 2020年8月31日 11時0分

写真


令和2年7月、人吉市、球磨村をはじめとする熊本県南部地域が集中豪雨により甚大な被害を受けました。
短時間の記録的雨量により、球磨川では既往最大水位を超過し、朝方に避難指示が発令されたものの球磨川やその支流で氾濫が生じ、建物・橋梁の破壊、流失、および浸水による大きな被害をもたらしました。多くの方々が家や家族を失い、今も大きな被害の爪痕に苦しんでいます。そして、小中学校をはじめとする多くの学校が学ぶ環境を整えられず臨時休校となるなど、日常生活に大きな影響をもたらしています。

学校法人青叡舎学院勇志国際高等学校(野田将晴校長)は、今回の九州豪雨で被災し苦しむ中高生とそのご家族への支援について検討を重ね、9月1日より「被災相談窓口」の設置および独自の「特別学費減免」を行うことを決定しました。




【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000221515&id=bodyimage1


◎被災者の心に寄り添う「被災相談窓口」「特別学費減免」

豪雨災害から1か月以上経った今もなお、家屋の浸水や土砂被害で苦しい生活を強いられているご家庭も多く、被災した中高生とそのご家族から「学校に行きたくても経済的に難しい。」「ショックで学校に足が向かない。」とのご相談を多数いただいています。
当初は通常窓口にて相談対応しておりましたが、9月1日より熊本学習センター(熊本市中央区九品寺2丁目1-24)に「被災相談窓口」を新たに設置、被災された方々のお気持ちにこれまで以上に寄り添い、お話をお伺いしてさまざまな提案ができる環境を整えました。
同時に、高校進学、学業において経済面からも支援するため、勇志国際高校独自の特別減免を実施することとなりました。 罹災証明書の提出で、半壊以上の場合は学費全額、一部損壊以上の場合は学費半額を、卒業まで減免します。
対象となる生徒は、「令和2年7月九州豪雨災害」で被災し、勇志国際高校への転学・編入学をご検討中の高校生と、同じく来春勇志国際高校へ進学を考える中学3年生と保護者の方です。(令和3年度までが対象)

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000221515&id=bodyimage2


◎被災地ボランティアに参加

勇志国際高校は、平成23年3月11日の東日本大震災をきっかけに、毎月11日を「絆の日」とし、地域の清掃活動をはじめ、さまざまなボランティア活動に取り組んでいます。
今年は新型コロナウイルスの影響で、被災地でのボランティア活動をするにも人数制限や居住地の制限があり、人手が足りず困惑する様子が連日ニュースで取り上げられていました。そんな中、生徒たちから「被災地ボランティアにぜひ参加したい」との声が多く上がり、職員と生徒とが人吉市や八代市に赴き、ボランティア活動に参加しています。
被害の甚大さを身をもって感じることで被災された方の心に寄り添い、自分の行動によって誰かの役に立つ喜びを体験できるという、生徒にとって大変貴重な時間となっています。



【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000221515&id=bodyimage3


◎野田校長からのメッセージ

7月に発生した豪雨による球磨川などの氾濫や浸水、土砂災害などで犠牲となられた方々に心からのお悔やみと、被災された多くの皆様にお見舞いを申し上げます。私どもは、被災され塗炭の苦しみの中で復興と生活再建に取り組んでおられる皆様のお役に立てることはないかと考え、通信制高校の立場でできることとして、この度、「特別学費減免」の制度を創設いたしました。
もしも被災された中学生の皆様の中に、経済的あるいは精神的理由で来春の高校進学に不安を抱えていらっしゃる方や、高校生の皆様の中に、経済的に学費負担が厳しい、あるいはその他の理由などで通学が厳しいと思っていらっしゃる方がおられるなら、当校独自の学費減免制度でご負担を軽減し、高校卒業までのサポートをいたします。
熊本学習センター内に相談窓口を設けましたので、お気軽にお電話でご相談ください。
被災地の皆様の一日でも早い復興と生活再建の日が来ますことを、教職員一同心から祈っております。

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000221515&id=bodyimage4


勇志国際高校は開校以来、「勉強したい」という方、夢や目標がある若者に、経済面で勉学を諦めてほしくないという理念から、可能な限り経済的負担が軽減できるよう取り組んできました。今回の豪雨災害がもとで進学を諦めようかとお悩みの方、現在の高校を続けられずお困りの方、一度勇志国際高校へご相談ください。担当職員が、お一人おひとりに合った最善の道を一緒に考えます。


【対象生徒】 令和2年の豪雨災害により自宅家屋が半壊(床下浸水)以上の被害にあった在校生、今年度入学される転・編入生、来春の新入生
【募集期間】 令和2年9月1日~令和3年4月30日
【減免額】  半壊以上の場合、学費を全額免除。
一部損壊以上の場合、学費を半額免除。

被災相談窓口 096-277-5931(山村)
勇志国際高等学校ホームページ  http://www.yushi-kokusai.jp

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000221515&id=bodyimage5



配信元企業:学校法人青叡舎学院 勇志国際高等学校
プレスリリース詳細へ

ドリームニューストップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング