ジンコソーラー、ENEOSのSSにおけるVPP実証に参画

DreamNews / 2020年9月14日 13時0分

太陽光発電メーカーであるジンコソーラー(NYSE:JKS)は9月11日、ENEOS株式会社のVPP実証に太陽電池モジュールを提供することを表明した。ENEOS株式会社は、日本国内初となるサービスステーション(以下、「SS」)での実証を含む、ENEOS株式会社のエネルギーリソースを活用したバーチャルパワープラント(VPP)の実証に太陽電池モジュールを供給する。

VPP実証の期間は2020年7月~2021年3月で、実証においてジンコソーラーのcheetahモジュールが採用された。具体的にはSSに太陽光発電装置を複数台設置し、太陽光発電の発電量を有効に活用するような蓄電池の充放電、制御最適化の実証を実施予定。

ENEOS株式会社は、再生可能エネルギーの利用拡大及び分散型エネルギー社会の到来を見据え、分散電源の活用を中心とした次世代型エネルギー供給・地域サービス事業を成長事業のひとつとして位置づけている。ジンコソーラーは再生可能エネルギーである太陽光発電システムの提供により、ENEOS株式会社の次世代型エネルギー事業に共に取り組んでいく。

ジンコソーラーは、外資系太陽光発電メーカーで日本初となる年間出荷量1GWを達成し、世界においてもグローバルリーダーとして、再生可能エネルギーの普及に積極的に取り組んでいる。ジンコソーラー日本法人社長孫威威は「ジンコソーラーは高品質や高効率の製品を通じて、現地のパートナと共に発展する方針を実行しています。弊社は今回のENEOS株式会社との協業などを通じ、再生可能エネルギーの利用拡大に貢献していきます」と述べ、今後の意欲を表明した。


ジンコソーラー(JinkoSolar Holding Co., Ltd.)について
ジンコソーラー(NYSE: JKS)は太陽光発電産業のグローバルリーダーです。ジンコソーラーは中国、米国、日本、ドイツ、英国、チリ、南アフリカ、インド、メキシコ、ブラジル、アラブ首長国連邦(UAE)、イタリア、スペイン、フランス、ベルギー、その他の諸国地域にあるさまざまな公益、商業、居住区顧客基盤に対し、自社ソーラー製品を供給し、自社ソリューションとサービスを提供、販売。ジンコソーラーは2020年3月31日時点で、垂直統合ソーラー製品バリューチェーンを構築して、生産能力につきまして、シリコンインウエハーが17.5GW、太陽電池が10.6GW、太陽光発電モジュールが16GWに達している。

ジンコソーラーは世界で7ヶ所の生産拠点があり、日本(2)、韓国、ベトナム、インド、トルコ、ドイツ、イタリア、スイス、アメリカ、メキシコ、ブラジル、チリ、オーストラリア15の海外子会社を持ち、販売チームは中国、イギリス、フランス、スペイン、ブルガリア、ギリシャ、ウクライナ、ヨルダン、ウジアラビア、チュニジア、モロッコ、ケニア、南アフリカ、コスタリカ、コロンビア、パナマ、カザフスタン、マレーシア、ミャンマー、スリランカ、タイ、タイ、ポーランドとアルゼンチンとに広がって、従業員が1万5,000人以上を雇用している。

〒104-0031東京都中央区京橋二丁目2番1号京橋エドグラン9階
代表電話:03-6262-6009
FAX: 03-6262-3339
ホームページ: http://www.jinkosolar.com



配信元企業:Jinko Solar株式会社
プレスリリース詳細へ

ドリームニューストップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング