衝撃!口腔環境によって、新型コロナが悪化する?「女性に知ってもらいたい0歳から100歳までの“歯”の教室」9月3日刊行!

DreamNews / 2020年10月1日 11時0分

写真

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000223310&id=bodyimage1

ビジネス書の出版や企業研修を手掛ける株式会社クロスメディア・マーケティング(本社:東京都渋谷区、代表取締役:小早川幸一郎)は、すずき歯科クリニック院長・鈴木敬(すずき・けい)氏の執筆による『女性に知ってもらいたい0歳から100歳までの“歯”の教室』を9月3日(木)に刊行しました。

ホルモンの影響を常に受けている女性のカラダ。その影響力は、口の中の環境にも及びます。30代以降では3人に2人が「歯周病」になるといわれています。女性ホルモンの影響によって女性は男性に比べて、「歯周病」を進行させるリスクが高いことがわかっています。

口の中の環境がもたらす影響はそれだけではありません。「菌」が体内に回ることによって、肥満や糖尿病、動脈硬化、がん、早産などになるリスクが増加すると言われています。

また、お口の中を整えないと新型コロナウィルスやインフルエンザのウィルスが、細菌とともに重症化を引き起こすという見解まで出ているのです。お口の中の環境の知識を身につけることはカラダ全体を守ることに繋がるのです。

本書は、実際に女性からの相談が多い歯・口の中の悩み(口臭、歯並び、かみ合わせなど)の症状別に解説したり、 進学(留学)、大人(社会人)、結婚、出産、赤ちゃんのことなど年齢を重ねていったときのライフステージ別に合わせ解説しています。できるだけ簡単に「歯」の知識をつけられるように、一般の人にもかわりやすい言葉を選び、イラストも入っています。本を読むのが苦手な女性、時間の無い女性にも読んでもらえるように書かれています。

人生100歳と言われるようになり、80歳になったとき20本以上の歯が残せるようにするためには、まずは今日から何をしたらいいのか?何を知るべきかを伝えています。
ご自身や家族の「健康」を守るため、一家に1冊は置いておきたい「歯」の教科書です。

《もくじ》
はじめに
・”歯”の知識を高めて”お口”と”からだ”の健康を
・”予防”と”定期健診”で人生が潤う。歯科医院をもっと身近に
・かかりつけの歯医者さんを持つことのススメ

序章 女性ならではの「歯の悩み」を解決します!
・女性が抱える”歯”の悩みアンケート結果第1位は?
・どれくらいの頻度で、歯科医院に通っていますか?
・気になる、歯とお金の話
・80歳になった時に、20本の歯を残そう
・女性ならではの口内環境。トラブルと病気の関係
・女性に注意してもらいたい3つの時期
・コラム ステップリングで、歯の健康度合いを知ろう

第1章 子どもとはじめての歯医者さん。いまと昔の違い
・昔といまではこんなに違う。歯医者さんと患者さんの最新城夫雄
・はじめての”むし歯”。どうして、むし歯になるんだろう?
・いい歯医者さんの見分け方
・正しい歯磨きの方法を知ろう
・歯ブラシと歯磨き粉の選び方
・コラム 歯と歯の周りのつくりを知ろう
・歯にいい食べ物、悪い食べ物
・むし歯になったとき、銀歯でいいのか?わるいのか?

第2章 キレイな歯。社会人になって審美歯科に興味が出始めて
・定期健診の大切さ。3ヶ月に一度は行きましょう
・歯垢と歯石の違い
・歯磨き+αのケアを取り入れよう
・生活習慣やストレスがもたらす歯への影響
・気になる大人の歯列矯正。そもそも矯正ってどんなもの?
・からだの不調と歯の意外な関係
・かみ合わせとその影響
・自分でできる歯ぎしりチェック
・ホワイトニングをやってみよう
・歯茎の色が気になる

第3章 妊娠、出産…。お口の環境が変わりやすい30代
・妊娠中、どんなことに気をつけたらいいですか?
・妊娠から出産後の歯のケア
・子どもの歯並びや、歯の質は遺伝する?
・子どもと親のむし歯菌について
・子どもの歯磨きは何歳から?
・子どもの頃のむし歯の主な原因
・乳歯のむし歯が引き起こすこと
・指しゃぶり、おしゃぶり。歯並びに悪影響?
・乳歯から永久歯に変わるとき
・コラム 新米ママさんへのアドバイス

第4章 口腔環境を整えよう。からだの変化にともなう歯の悩み
・初めての歯周病…、どうすればいい?
・すぐにできる歯周病チェック
・ドライマウス?唾液と歯の関係
・知覚過敏かも…。歯がしみる場合は?
・差し歯を選ぶことになったなら
・入れ歯、ブリッジ、インプラントを選ぶことになったなら
・いまこそ見直そう!お口の中の環境
・飲酒・喫煙と歯の関係
・始めよう、口臭ケア
・コラム お口の乾燥度チェック

第5章 人生100年時代。自分の歯と長く付き合うために
・ホルモンバランスと歯の関係
・お口の健康と全身の健康の関係
・歯が欠けてしまったら
・入れ歯と毎日のお手入れ
・ブリッジと毎日のお手入れ
・歯を失うとどうなる?
・40代からの歯のお手入れ
・「8020」を実現するために
・最新の歯の治療にはどんなものがあるか?

おわりに
・ご家族みんなの”歯”と”からだ”の健康はあなたがリードする
・クリニックのロゴに込めた想い

《著者プロフィール》
鈴木敬(すずき・けい)
すずき歯科クリニック院長。1983年生まれ。岩手医科大学歯科部卒業。岩手医科大学付属病院歯科医療センター歯科医師卒業臨床研修終了後、東京都内の医療法人(杉並区・港区)に勤務。仙台市内の医療法人分院長を経て、すずき歯科クリニックを開業

◯すずき歯科クリニック ホームページ
http://dental-clinic-suzuki.com/

「女性に知ってもらいたい 0歳から100歳までの“歯”の教室」(Amazon限定発売)
定価:1680円
https://amzn.to/2QZtsqH

■本件に関するお問い合わせ
会社名:株式会社クロスメディア・パブリッシング / 株式会社クロスメディア・マーケティング
担当者:植田 陽(うえだ みなみ)
TEL:03-5413-3142 FAX:03-5413-3141
URL: http://www.cm-publishing.co.jp
E-Mail:ueda@cm-group.jp
著者への取材依頼・書籍画像・テキストのご要望はコチラまでご連絡下さい。





配信元企業:株式会社クロスメディア・マーケティング
プレスリリース詳細へ

ドリームニューストップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング