NSW、セキュアなIoTソリューション「Toami on Azure Sphere」を提供開始 ~MicrosoftのセキュリティプラットフォームAzure Sphereと連携~

DreamNews / 2020年10月15日 11時30分

写真

ITソリューションプロバイダのNSW(日本システムウエア株式会社、本社:東京都渋谷区、代表取締役執行役員社長 多田 尚二)は、セキュアなIoTソリューション「Toami on Azure Sphere」を本日から提供開始します。

「Toami on Azure Sphere」は、ノンプログラミングによる高速開発と拡張性の高いNSWのIoTプラットフォーム「Toami」と、接続されたデバイスを管理するためのエンドツーエンドのセキュリティプラットフォームであるMicrosoftの「Azure Sphere」を組み合わせたIoTソリューションです。

本ソリューションにより、エッジデバイスの保護・管理と稼働アプリケーションの遠隔データ収集をシームレスに実現することで、企業がIoTを導入する際にハードルとなるセキュリティ面の課題を解消します。

今後NSWでは、本ソリューションを製造業や医療業をはじめとする様々な業種に提供し、IoTシステムのセキュリティを保ちつつ高い費用対効果を生み出すことで、顧客のビジネス拡大に貢献していきます。

■Toami on Azure Sphereイメージ図

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000224110&id=bodyimage1

■日本マイクロソフトからのエンドースメント
日本マイクロソフトは、NSW様による、ToamiとAzure Sphereが融合したセキュアなIoTソリューションToami on Azure Sphereの発表を心より歓迎いたします。急速に高まるIoTデバイス向けのセキュリティニーズに対して、市場で既に稼働中の各種デバイスを安全にインターネット接続可能にするToami on Azure Sphereは、企業が抱えるIoTのセキュリティ課題の解決だけでなく、ビジネスの大きな成長を推進するソリューションとなることを確信しております。今後も日本マイクロソフトはNSW様と連携し、お客様のビジネスに新たな価値をもたらす支援をしてまいります。
日本マイクロソフト株式会社 業務執行役員 IoT & MR営業本部長 菖蒲谷 雄

以上

■関連リンク
・Toami on Azure Sphere
https://www.m2m-cloud.jp/m2m/toami_on_azure.html

※本ニュースリリースに掲載している情報は、発表日時点のものです。
※各社の社名、製品名およびサービス名は、各社の商標または登録商標です。
※Microsoft、Azureは米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標または商標です。

■NSW(日本システムウエア株式会社)について
1966年創業。製造や流通など業種対応のシステム構築、ITインフラ設計・運用、自社データセンターを基盤としたクラウドサービスなどをワンストップで提供します。また、車載や通信・設備分野における組込みシステム開発とLSIやボードの設計開発も手掛けています。これらの実績を生かしたIoT・AI分野に注力し、IoTプラットフォーム「Toami」を軸とした各ソリューションやサービス提供により、お客様のDX・デジタル変革実現を先導する企業を目指します。詳細は https://www.nsw.co.jp/ をご覧ください。

■サービス内容に関するお問い合わせ先
NSW(日本システムウエア株式会社)
サービスソリューション事業本部
営業統括部 第一営業部:小田切
TEL:03-3770-0096
E-mail:ml-iot@gw.nsw.co.jp

■報道関係者からのお問い合わせ先
NSW(日本システムウエア株式会社)
コーポレート本部
企画室広報担当:染葉(ソメハ)、金子
TEL:03-3770-4014
E-mail:kouhou@gw.nsw.co.jp







配信元企業:日本システムウエア株式会社
プレスリリース詳細へ

ドリームニューストップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング