Microchip、アナログシステム設計における困難な課題を解決するマイコンを発表

DreamNews / 2020年10月22日 11時0分

写真

[NASDAQ: MCHP] - センサベースのIoT (Internet of Things)アプリケーションがコスト、サイズ、性能、消費電力等多くの困難な課題を克服できるかどうかは、アナログ機能とデジタル制御能力の組み合わせにかかっています。Microchip Technology Inc.(日本法人: 東京都港区浜松町、代表: 吉田洋介 以下Microchip社)はマイクロコントローラ(MCU)の機能集積度向上を通してこの課題に取り組んでおり、本日 PIC18-Q41( https://www.microchip.com/design-centers/8-bit/pic-mcus/device-selection/pic18f-Q41-product-family)およびAVR DB( https://www.microchip.com/design-centers/8-bit/avr-mcus/device-selection/avr-db)MCUファミリを発表しました。これらのファミリは先進のアナログ周辺モジュールとシステムの集積度を向上させ信号収集時間を短縮する周辺モジュール間接続を備え、複数電源ドメインに対応した初めての製品であり、使いやすく迅速な開発を可能にする設計環境によりサポートされます。

「Microchip社は、大規模IoTシステムの要件を満たす事ができるように、使いやすいアナログ機能を低コストのPIC(R)およびAVR(R) MCUに追加しました。」とMicrochip社8ビットMCU部門マーケティング担当副社長のGreg Robinsonは述べています。「統一されシームレスな開発ツールを使い、これらのMCUをシングルチップ コントローラとして、または大規模システムのインテリジェントなアナログ信号コンディショナとして使う事ができます。」

IoTエンドノード、産業および医療用機器、ウェアラブル機器、車載、照明等、スペースの制約が厳しいセンシングおよび計測アプリケーションにおける信号コンディショニングの要求に応えるため、PIC18-Q41 MCUは構成可能なオペアンプ、計算機能付きADC (A/Dコンバータ)、DAC (D/Aコンバータ)を内蔵しています。本デバイスは、特にIoTやスマート ファクトリ向け予知保全用エッジノードやエッジでの大規模AI展開等に適しています。小型の14ピンおよび20ピンパッケージで提供するため、Microchip社の32ビットMCUやその他アナログ機能を必要とするコントローラのコンパニオン チップとしても優れています。

ミクストシグナルIoTシステムでは、しばしば複数の電源ドメインが存在します。AVR DB MCUは真の双方向レベルシフタを内蔵する事で、そのような設計における課題を解決すると同時にコストを削減します。この機能を使うと車載、電化製品、HVAC、液量計測等幅広いアプリケーションでコストの削減が可能です。AVR DB MCUには柔軟な構成が可能でそれぞれ独立した3つのオペアンプ、12ビット差動ADC、10ビットDAC、3つのゼロクロス検出器、CIP(コアから独立した周辺モジュール)が追加されており、アナログ信号のコンディショニングおよび処理を行うほぼ全てのアプリケーションに理想的なデバイスとなりました。

開発サポート
PIC18-Q41およびAVR DB MCU製品ファミリはMicrochip社のMPLAB(R) X IDE(統合開発環境)、MCC (MPLAB Code Configurator)、MPLAB Mindi TMアナログ シミュレータでサポートされます。MCCは周辺モジュールと機能をGUIで設定できる無償のソフトウェア プラグインです。AVR DBは、MCCに加えてAtmel START、Atmel Studio、IARおよびGCC Cコンパイラ等サードパーティ製のツールでもサポートされます。MCCとSTARTを使うと、コーディングなしでGUIの操作だけでオペアンプを簡単に設定できます。

両MCUファミリ向けに、プログラミングおよびデバッグ機能を備えたコンパクトで低コストの開発ボードを提供します。PIC18F16Q41 Curiosity Nano評価用キット(EV26Q64A)とAVR DB Curiosity Nano評価用キット(EV35L43A)です。今すぐ開発を始められるようにPIC MCU( https://www.microchip.com/design-centers/8-bit/pic-mcus/get-started-now)およびAVR MCU( https://www.microchip.com/design-centers/8-bit/avr-mcus/get-started-now)向けのクイックスタート ガイドも提供します。

在庫/供給状況
PIC18-Q41およびAVR DB MCUは各種メモリ容量およびパッケージで提供します。
詳細はMicrochip社または正規代理店にお問い合わせ頂くか、Microchip社ウェブサイトをご覧ください。本プレスリリースに記載された製品をご購入頂くには、Microchip社オンラインストア( http://www.microchipdirect.com/)にアクセスするか、Microchip社の正規代理店にお問い合わせください。

リソース
高画質の写真は報道関係専用窓口までお問い合わせ頂くか、Flickrでご覧ください。
● アプリケーション画像: https://www.flickr.com/photos/microchiptechnology/50356745553
● PIC18-Q41の製品画像: https://www.flickr.com/photos/microchiptechnology/50368414902
● AVR DBの製品画像: https://www.flickr.com/photos/microchiptechnology/50368260821

Microchip Technology社について
Microchip Technology社(以下、Microchip社)はスマート、コネクテッド、セキュアな組み込み制御ソリューションのトッププロバイダです。使いやすい開発ツールと包括的な製品ポートフォリオにより、リスクを低減する最適な設計を作成し、総システムコストの削減、迅速な商品化を実現できます。Microchip社は産業、車載、民生、航空宇宙と防衛、通信、コンピューティングの市場で120,000社を超えるお客様にソリューションを提供しています。Microchip社は本社をアリゾナ州チャンドラーに構え、優れた技術サポート、確かな納期、高い品質を提供しています。詳細はMicrochip社ウェブサイト( http://www.microchip.com)をご覧ください。

詳細については、以下にお問い合わせください。
Daphne Yuen (Microchip社): daphne.yuen@microchip.com

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000224334&id=bodyimage1

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000224334&id=bodyimage2

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000224334&id=bodyimage3



配信元企業:マイクロチップ・テクノロジー・ジャパン株式会社
プレスリリース詳細へ

ドリームニューストップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング