ヒントから相手の感性を読み解くコミュニケーションゲーム『ウェーブレングス』好評発売中!

DreamNews / 2020年10月20日 16時0分

写真

株式会社ホビージャパン(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:松下大介)は、デバイス上の隠された目盛りの位置を、ヒントをもとに推理するコミュニケーションゲーム『ウェーブレングス』日本語版を10月中旬に発売いたしました。



ヒントから相手の感性を読み解き、目盛りの場所を推理しろ!

■『ウェーブレングス』とは
 『ウェーブレングス』は、2つのチームに分かれて互いの考えを読み合うソーシャル推察ゲームです。
 人の波長を分析するスペシャルなデバイスを使って、デバイスの目盛りの中央がどこにあるかを当てるのが目的です。
 チームメイトは、チームに1人いるサイキックのヒントから、その人の感性と波長を読み解き、目盛りの中央がどこにあるのか推理しましょう。その間、相手チームは口出しして邪魔をしても、一緒に予想しても構いません。
 見事予想が的中した時には得点できます。それ以上に、素晴らしい達成感と最高の一体感が得られることでしょう!

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000224346&id=bodyimage1

■ゲームの流れ
 まず、今回のサイキック(ヒントを出す人)をチーム内で1人決めたら、その人は「熱い/冷たい」などの相反するコンセプトが書かれたカードを引きます。
 そのコンセプトの中で目盛りの中央にあたると思う言葉をヒントとして出しましょう。
 (下図の場合、中央がやや「冷たい」側にあるので、例えば「雨」や「秋」など……あなたはどんなヒントを出しますか?)
 ヒントはサイキックの主観になるので、その人の感性を全員で読み解きましょう。予想が目盛り内にあれば得点できます。先に10点獲得したチームの勝利です!

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000224346&id=bodyimage2




『ウェーブレングス』日本語版  好評発売中
●価格/4,500円(税抜)
●プレイ人数/2~12人以上
●プレイ時間/30~45分
●対象年齢/14歳以上
●ゲームデザイン/ヴォルフガング・ヴァルシュ、アレックス・ハーグ、ジャスティン・ヴィッカーズ
●商品コード/3558380081296
●商品WP/ http://hobbyjapan.games/wavelength/

●内容物/デバイス1台、推測トークン、得点トークン、波長カード126枚(基本カード84枚、ボーナスカード42枚)、ゲームのルール


【関連リンク】
■ ホビージャパンのゲーム商品案内  http://hobbyjapan.games/
■ ホビージャパンゲームブログ  http://hobbyjapan.co.jp/game/
■ ホビージャパン・ゲームツィート  http://twitter.com/HobbyJAPAN_GAME



配信元企業:株式会社ホビージャパン
プレスリリース詳細へ

ドリームニューストップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング