幼児英検合格率東海トップクラスのインターナショナルスクールOAKTREEが英会話スクール(中学生・一般クラス)の募集を開始

DreamNews / 2021年1月12日 14時0分

写真

2021年1月12日、OAK TREEインターナショナルスクール (所在地:愛知県清須市西枇杷島、校長:大堂ダーラン、以下 オークトゥリー)は、英会話スクール(中学生・一般クラス)の追加募集を発表。
英会話スクールとは、年少から一般(大人)向けまで幅広く開講しているクラスのことで、その中でも、中学生コースでは、海外教材と中学の英語の教科書を使用したレッスンでテスト対策も行う。
小学生の頃から引き続き受講している生徒が多く、中学生の英語考査でのリスニングは特に良い成績をマークしている。
オークトゥリーは、英検・英検Jrの受験準会場に指定されているため、校内での受験が可能となる。
レッスンは、オークトゥリーならではの英語が母国語の外国人講師が担当し、毎週同じ講師が担任制で受け持つため、ひとりひとりの得意不得意を熟知したうえで指導し、効果的に学ぶことができる。
レッスンは語彙力をつけることと会話を中心としたもので、海外のボードゲームを英語で楽しむことも学習のひとつとしている。
また、読み・書き・会話・リスニングの全てにおいてスキルアップできる内容で、毎回のレッスンが楽しみになる工夫がされているのも人気の要因と言える。

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000228494&id=bodyimage1

オークトゥリーは公益財団法人日本英語検定協会が実施する英検(正式名称:実用英語技能検定)の試験準会場にも指定されており、在学生の受験合格率は東海エリアトップクラスの実績を誇る。過去には年長児で準二級を取得した実績もある独自の学習カリキュラムにて運営。
その教育方法は講師陣の採用にもこだわり外国人講師全員英語を母国語とする講師のみを採用。インターナショナルスクールには珍しい広い校庭があるのも特徴。毎年、近隣エリアだけでなく名古屋市などからも多くの入学希望申込となっている。

【ご案内】
コロナ対策の一環として今期の編入希望者説明会・来年度の入学希望者及び募集に関して、ニュース及びサイトにて告知を行うと共に、クラス毎に時差募集を実施。

【OAK TREEインターナショナルスクールとは】
当校は幼児教育無償化対象の認可外保育施設である。
外国人講師全員が英語を母国語とするプリスクールを運営。
一般的なスクールとは違い、教室も広く体育館や広い校庭も完備。日本では珍しい生徒が触って直感的に学べるスマートボードを全教室に完備。英語で算数、理科、社会、道徳、図工、体育などを学ぶ体験型学習スタイルを取り入れることで座ってワークシートのみをひたすらこなすのではなく学びを遊びの中に取り入れて学んでいく。そのため生徒は、楽しく生き生きとした表情をしている子ばかり。
このカリキュラムは英検合格率にも表れ任意受験ではあるが、英検3級受験学児全員取得。2018年には英検準2級を年長児で合格を実現。
さらに安心してお子さまを預けていただけるよう教室にカメラを設置し、保護者がいつでも教室の様子を閲覧できるようになっている。

株式会社OAK TREE
代表者 大堂 ダーラン
設立日 2013年12月16日
OAK TREE International School
愛知県清須市西枇杷島町住吉40番地
受付時間 9:00~18:00(平日)mail:oaktreenagoya@gmail.com
TEL.052-325-8190 FAX.052-325-8191
スクールホームページサイト: https://oaktree.co.jp/



配信元企業:株式会社OAK TREE
プレスリリース詳細へ

ドリームニューストップへ

×


この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング