天王洲エリアを舞台に、“しながわの水辺”の魅力を発信 品川区が23区自治体初のTwitterドラマを制作 『はつ恋とビー玉~10の約束~』2月5日(金)18時配信開始

DreamNews / 2021年1月22日 10時0分

写真

品川区は、“しながわの水辺”として人気の高い天王洲エリアをはじめとした区内観光スポットを舞台としたオリジナルドラマ『はつ恋とビー玉~10の約束~』を制作し、品川区のドラマ公式Twitterアカウント(@hatsukoi_bdama)にて2021年2月5日(金)18時00分より配信を開始します。
本ドラマは1話あたり約2分・全12話で構成され、毎週月曜・水曜・金曜の18時00分に配信されます。なお、オリジナルTwitterドラマの発表は東京23区自治体で初の試みとなります。

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000229760&id=bodyimage1

東京の南東に位置する品川区は、オフィス街というイメージが強い一方で、江戸時代から大衆に親しまれてきた屋形船や宿場町の風情が残る商店街、天王洲アイルを中心としたおしゃれな水辺スポットも楽しめる、バラエティ豊かな街です。そんな品川区の魅力を多くの人に発信したいと考え、本作は制作されました。

『はつ恋とビー玉 ~10の約束~』は、天王洲で生まれ育った幼馴染の2人、優希(ゆき)と武流(たける)の初々しい恋物語です。ドラマ全編は品川区内の様々なエリアや施設で撮影され、街の風景や楽しみ方を視聴者に届けます。
優希役を演じる越智ゆらのは元Popteenモデルで現LARMEレギュラーモデルを務め、若者を中心に絶大な人気を誇る、注目の新進女優です。また、武流を演じる小南光司は、人気2.5次元舞台や映画・ドラマなど様々な作品に出演し、マルチな才能を発揮しています。監督には若者たちの青春を数多く描いてきた川野浩司を迎え、フレッシュなキャストとともにストーリーを紡ぎます。

通勤通学の合間やテレワークの休憩時間などに気軽に楽しめる2分尺のこのドラマが、品川区に興味を持っていただくきっかけとなり、SNSを活用した自治体観光PRの新たなかたちを示すことを期待しています。

品川区オリジナルTwitterドラマ『はつ恋とビー玉~10の約束~』概要

作品名: はつ恋とビー玉~10の約束~
配信日: 初回 2021年2月5日(金)18時00分開始 以後毎週、月曜・水曜・金曜18時00分に配信(1話約2分、全12話)
配信サイト: 『はつ恋とビー玉~10の約束~』公式Twitter(@hatsukoi_bdama) 
https://twitter.com/hatsukoi_bdama?s=09

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000229760&id=bodyimage2

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000229760&id=bodyimage3

ストーリー:
<ビー玉越しの君に”恋”をした。>
品川区のウォーターフロント・天王洲で生まれ育った幼馴染の優希と一つ年上の武流。子どもの頃からずっと好きだった武流に想いを伝えられないまま大学4年生になった優希は、ある事情から品川区を離れなければならなくなる。その前に、武流とデートをして初恋の思い出を残したい優希は、10年前に交わした約束を果たしてもらうことを口実に、武流と「10回デートをする」という約束を取り付ける。子ども時代の思い出の場所を歩いたり、武流のオススメスポットに出かけたり。デートを重ねて、だんだん距離が縮まっていく2人だったが―――。

クレジット:
出演:越智ゆらの 小南光司  土屋りほ 数井琥恩 松岡里英
監督:川野浩司 脚本:吉田なが乃
プロデューサー:佐々木圭介 久保和明 企画:藤田晃
総合プロデュース:東京テアトル 制作プロダクション:レオーネ
協力:しなロケ(品川フィルムコミッション)
製作:品川区 (C)品川区
公式Twitterアカウント:@hatsukoi_bdama  
しなロケサイト: https://shinagawalocation.jp/

本情報に関するお問い合わせ
東京テアトル株式会社(※『はつ恋とビー玉~10の約束~』制作事業受託事業者)
電話:03-3355-1092 FAX:03-3355-1097 メール:sasaki_k@theatres.co.jp
担当:佐々木(携帯070-2268-0659)



配信元企業:品川区
プレスリリース詳細へ

ドリームニューストップへ

×

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング