「体外診断(IVD)の世界市場:2025年に至る技術別、製品サービス別予測」市場調査レポート発行

DreamNews / 2021年1月22日 10時0分

写真

リサーチステーション合同会社は、海外最新リサーチ「体外診断(IVD)の世界市場:2025年に至る技術別、製品サービス別予測」のお取扱いを開始いたします。

【レポート紹介】
体外診断(IVD)の世界市場規模は、今後2025年に960億ドルに増加する見通しです。2020年の同市場規模は845億ドルとみられ、2025年にかけて平均年成長率2.6%の漸増で推移すると予測されます。
レポートは体外(IVD)診断の世界市場について2025年までの市場予測データ(金額US$)を掲載しています。また市場をさまざまな切り口で細分化し、そのセグメント市場ごとの市場予測を中心に構成されています。当レポートでの各種セグメント市場の区分および項目は、製品/サービス別市場(試薬/キット、機器各種など)、技術別市場(イムノアッセイ/免疫化学各種、臨床化学各種など)、用途別市場(感染症、糖尿病など)、エンドユーザー市場(病院ラボラトリーズ、臨床検査室各種など)、および主要国地域別市場、などとなっています。また競合状況、主要企業情報(20社)、COVID-19による体外(IVD)診断市場への影響、ファイブフォース分析などの分析情報も加味し、体外(IVD)診断市場の今後成長性および動向を詳細にレポートしています。

【英文市場調査レポート】
体外診断(IVD)の世界市場:2025年に至る技術別、製品サービス別予測
In-Vitro Diagnostics Market by Product & Service (Instrument, Kits), Technology (Immunoassay, MDx, Hematology, Urinalysis), Application (Diabetes, Oncology, Cardiology, Nephrology, Infectious Diseases) End User (Hospitals) - Global Forecast to 2025
http://researchstation.jp/report/MAM/22/In_Vitro_Diagnostics_2025_MAM2220.html

【レポート構成概要】
◆体外(IVD)診断の世界市場予測2018-2025年
・市場規模(US$)

◆製品/サービス別、市場-2025年
試薬/キット
機器
・半自動化
・全自動
・その他
サービス
データ管理ソフトウェア
※(市場規模US$)

◆技術別、市場-2025年
イムノアッセイ/免疫化学
・ELISA(酵素結合免疫吸着検定)
-化学発光イムノアッセイ
-蛍光イムノアッセイ
-比色イムノアッセイ
・ラジオイムノアッセイ
・迅速検査
・ウエスタンブロッティング
・ELISPOTアッセイ

臨床化学
・BMP(基礎的な生化学検査)
・肝パネル
・腎臓プロファイル
・脂質プロファイル
・甲状腺機能パネル
・電解質パネル
・特殊化学試験

分子診断
・ポリメラーゼ連鎖反応
・等温核酸増幅法
・ハイブリダイゼーション
・マイクロアレイ
・その他MDXテクノロジー

血液学
微生物学
凝固/止血
尿検査
その他技術
※(市場規模US$)

◆用途別、市場-2025年
・感染症
・糖尿病
・腫瘍学
・心臓病学
・薬物検査/ファーマコゲノミクス(PGx)
・HIV/AIDS
・自己免疫疾患
・腎臓学
・その他用途
※(市場規模US$)

◆エンドユーザー別、市場-2025年
病院ラボラトリーズ
臨床検査室
・大規模/リファレンスラボ
・中規模ラボラトリーズ
・小規模ラボラトリーズ
ポイントオブケア検査
患者自己診断
学術研究機関
その他エンドユーザー
※(市場規模US$)

◆主要国地域別市場-2025年
北米
・米国、カナダ
欧州
・ドイツ、フランス、英国、イタリア、スペイン、ロシア
・その他欧州
アジア太平洋
・日本、中国、インド、韓国、インドネシア
・その他アジア太平洋
中南米
・ブラジル、メキシコ
・その他中南米
中東アフリカ
・サウジアラビア
・その他中東アフリカ
※国地域別に全てのセグメント別の細分化データ掲載、詳細は目次参照

◆市場分析
・市場ダイナミクス(ドライバー、障壁、機会、課題)
・COVID-19による体外(IVD)診断市場への影響
・ファイブフォース分析
・市場シェア分析
・競合状況

◆体外(IVD)診断の主要企業プロフィール動向
・ROCHE DIAGNOSTICS
・DANAHER CORPORATION
・ABBOTT LABORATORIES, INC.
・SIEMENS HEALTHINEERS
・シスメックス株式会社
・THERMO FISHER SCIENTIFIC
・BECTON, DICKINSON AND COMPANY
・BIOMÉRIEUX SA
・BIO-RAD LABORATORIES, INC.
・JOHNSON & JOHNSON
・AGILENT TECHNOLOGIES
・QIAGEN
・DIASORIN
・ORTHO CLINICAL DIAGNOSTICS (A PART OF CARLYLE GROUP)
・SPEEDX DIAGNOSTICS
・GENSPEED BIOTECH GMBH
・GENOMEME
・ACCELERATE DIAGNOSTICS, INC.
・MSDX
・CARIS LIFE SCIENCES, INC.

(全351頁)

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000229938&id=bodyimage1

【レポート詳細目次、データ項目一覧(List of Tables)は下記URLより当社HPを参照ください】
★お問い合わせ先:
当レポートへのお問い合わせは、下記URLより「お問い合わせフォーム」アイコンクリックにてお願いいたします。
http://researchstation.jp/report/MAM/22/In_Vitro_Diagnostics_2025_MAM2220.html

発行元:MarketsandMarketsについて
http://researchstation.jp/Publishers/About_MarketsandMarkets.html

日本販売代理店:リサーチステーション合同会社
取扱い開始:2020年1月21日

★関連レポート
「in vitro毒性試験の世界市場:試験別、製品サービス別2025年予測」
http://researchstation.jp/report/MAM/21/In_Vitro_Toxicity_Testing_2025_MAM2142.html

★リサーチステーション合同会社について
リサーチステーション合同会社は、次世代エネルギー分野を主に、グリーン経済・産業に関する各国政府・企業・国際機関などの最新情報、海外業界ニュース、市場調査データなどを収集、ご提供しているリサーチ情報企業です。
海外調査会社が発行している市場調査レポートの輸入販売を幅広くお取り扱いしているほか、完全オリジナルの海外リサーチも企画、ご提案いたします。
世界中のリサーチ会社との幅広いパイプを活用し、様々な分野のリサーチ情報を組み合わせてご提案可能です。
国際マーケット情報のワンストップサービスとして、ぜひご活用ください。
URL: http://researchstation.jp/index.html



配信元企業:リサーチステーション合同会社
プレスリリース詳細へ

ドリームニューストップへ

×


この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング