1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

口頭でのコミュニケーションに英語をメインで使用する外資系ビジネスパーソン823人のアンケート結果「集中して英語を学習した期間は6ヶ月以上」約6割が回答 役立った英語学習方法3位に「オンライン英会話」も

DreamNews / 2021年2月4日 13時0分

写真

学習成果コミット型の英語コーチング・プログラム「TORAIZ」を提供するトライオン株式会社(本社:東京都文京区、代表取締役:三木 雄信)は、口頭でのコミュニケーションを英語メインで業務をしている外資系企業に勤めるビジネスパーソンを対象に、効果的かつ現実的な英語学習方法を把握するためにアンケート調査を実施しました。

その結果、約6割以上が「集中して英語を学習した期間は6ヶ月以上」と回答しました。また、役立った英語学習方法として「国内の英会話学校」、「海外(英語ネイティブの国)での英会話学校」、「オンライン英会話」がトップ3を占め、アウトプット中心の学習であることがわかりました。

【アンケート結果サマリー】
■集中して英語を学習した期間は、6ヶ月以上が約6割。2年以上が最も多く26%を占める。

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000230701&id=bodyimage1

■効果的な学習法としては、「国内の英会話学校」、「海外(英語ネイティブの国)での英会話学校」、「オンライン英会話」などのアウトプット中心の学習がトップ3。

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000230701&id=bodyimage2

■TOEIC(R) Listening & Reading Testのスコアが750点前後の英語が話せない人が「外資系企業で働くためには、毎日3時間英語学習に取り組むとしてどのくらいの期間、英語学習に注力したら良いか?」への回答としては、6ヶ月以上が63.6%。

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000230701&id=bodyimage3

■TOEIC(R) Listening & Reading Testのスコアが950点以上、かつ両親のどちらか、もしくは両方がネイティブの英語話者ではない人の英語学習時間は2,000時間以上が60%。

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000230701&id=bodyimage4

■調査概要
調査方法:インターネット調査(調査委託先:マクロミル)
調査期間: 2021年1月29日(金)~2021年2月2日(火)
調査対象: 外資系企業に勤めるビジネスパーソンで、口頭でのコミュニケーションを英語メインで業務をしている人823人

■調査対象者のスクリーニング質問
Q1 現在の主な勤務先は、内資系(日系)企業または外資系企業のどちらですか?
Q2現在の主な勤務先において、口頭でのコミュニケーションは英語と日本語のどちらがメインでしょうか?
上記の質問に対し、外資系企業を選択しかつ、英語がメインと選択した人を調査対象とし823人から有効な回答を得ました。

■トライオン株式会社 代表取締役 三木 雄信 コメント
新型コロナの世界的な蔓延で大きく環境が変わりつつありますが、英語を学習する必要には変わりはないようです。「TORAIZ」の受講生の多くは、Zoomなどのオンラインミーティングの機会が増えて、英語でもメールなどの文字ベースのコミュニケーションより、口頭でのコミュニケーションの必要性を感じている人が増えています。
また学習方法ついても新型コロナの影響で、海外の英会話学校への留学等が難しくなったことに加え、国内の従来型の英会話学校も敬遠され、代わりにオンラインでの英語学習に受講生のニーズが移りつつあります。
「TORAIZ」では、このような変化に対応し完全オンラインでの英語コーチング・プログラムを提供し、ますますグローバルな活躍ができる人材を支援して参ります。


【TORAIZ(トライズ )について】 https://toraiz.jp/
1年間で1,000時間の学習により、日本人が最も苦手とする英語のスピーキング力を身に着けることができる学習成果コミット型の英語コーチング・プログラム。受講生一人ひとりにカスタマイズされた目標設定、その実現のための自己学習プログラムの作成、日々の学習サポート、2週間に一度の面談での進捗チェックを、専属のコンサルタントが担当。
さらに、自己学習をアウトプットする場として、担任制ネイティブコーチとの週3回(1年で計144回)の英会話レッスンに加え、 フリートーク英会話レッスンが受け放題。インプットとアウトプットのサイクルを作ることで、日本にいながらにして、実践的なビジネス英語を身に着けることができるサービスです。
学習モチベーションの維持のためにリアルな人とのコミュニケーションを重視していることも特徴で、開校以来約5,300名が受講。受講生満足度97.9%(※1)、1年間学習継続率91.7%(※2)という実績を持ちます。
※1:当社お客様満足度調査(2020年10月実施)
※2:累計受講生(受講開始1 ヶ月以内での退会者除く)の内、受講開始から完了までに退会していない受講生の割合(2020年10月当社調べ)


【トライオン株式会社について】 https://tryon.co.jp/
2006年12月設立。「学ぶことを通じて人と組織の可能性を開く」を経営理念として創業より一貫して「教育」を軸にした事業を提供。インターネットを通じて時間や場所に捕われずに、多くの人が様々な学習コンテンツに出会える場所を提供することを目的に、日本最大級の通信講座「脳内カレッジ」を運営。 2015年からは、ビジネスレベルで通用する英語を1年でマスターするコーチング英会話スクール「TORAIZ(トライズ)」を開始。



配信元企業:トライオン株式会社
プレスリリース詳細へ

ドリームニューストップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング