アクロニスとF1チームのウィリアムズ・レーシング、重要なワークロードのサイバープロテクションを確保するため提携を更新

DreamNews / 2021年2月26日 12時0分

写真

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000231918&id=bodyimage1

※本リリースは2021年2月24日にスイスのシャフハウゼンで発表されたプレスリリースの抄訳です。

サイバープロテクション< https://www.acronis.com/ja-jp/cyber-protection/ >のグローバルリーダーであるアクロニス< https://www.acronis.com/ja-jp/company/ >とウィリアムズ・レーシングは本日、テクノロジーパートナーシップを更新し、協力分野を拡大して、ウィリアムズ・レーシングのITインフラストラクチャ全体で受賞歴のあるサイバープロテクション技術の導入を進めていくことを発表しました。

ウィリアムズ・レーシングは公式のサイバープロテクションパートナーとして、これからもAcronis Cyber Protect< https://www.acronis.com/ja-jp/products/cyber-protect/ >をチームのITインフラストラクチャ全体で使用していきます< https://www.acronis.com/en-au/resource-center/resource/541/ >。世界中の優秀なスポーツチームによって使用されているこの革新的なソリューションは、高速で信頼性の高いバックアップ、AIを利用したマルウェア対策とウイルス対策、および包括的なエンドポイント管理を統合し、1つのインターフェイスからすべてを管理できます。独自のサイバープロテクションのアプローチによって、複雑さが排除され、チームはネットワーク全体で簡単にワークロード、データ、アプリケーション、およびシステムの管理と監視を行えます。

ウィリアムズ・レーシングの最高情報責任者であるグレイム・ハックランド(Graeme Hackland)氏は、次のように述べています。「Acronis Cyber Protectionはワークロード保護の全領域を包含し、データ管理を簡略化してサイバー攻撃を防止します。環境は絶えず変化しています。最新のニーズに対応した、市場をけん引するテクノロジパートナーを持つことは、我々のチームが競争上の優位性を取り戻す上で極めて重要です」

2020年には、15を超える新しいチームがアクロニスと提携し、#CyberFit Sports というパートナーのポートフォリオに並ぶスポーツチームの合計数は50を超えました。サンディエゴ・パドレス、ワシントン・フットボールチーム、アトレティコ・マドリード、TOYOTA GAZOO Racing、Roborace、Airspeederや、その他多くのチームがエッジを保護するためにアクロニスを選んでいます。

アクロニスの最高業務責任者であるヤン-ヤープ・イェーガー(Jan-Jaap Jager)は、次のように述べています。「アクロニスのテクノロジーは、ビジネスと競争の激しいスポーツの最高レベルにいる現代の組織の安全性、アクセシビリティ、プライバシー、真正性、セキュリティ(SAPAS)に関する課題に対応できるように設計されています。この設計手法により、ワークロード、データ、アプリケーション、システムに対して最高のサイバープロテクションが提供され、データの改ざん防止とアクセスの容易さの両方を確保した円滑な日常業務も保証されます。F1ではデータが非常に重要であるため、ウィリアムズ・レーシングの道のりに携われることを誇りに思います」

アクロニスのマネージドサービスプロバイダ向け #TeamUp プログラム

アクロニスは、#CyberFit Sports プログラムにマネージドサービスプロバイダ(MSP)< https://www.acronis.com/en-au/articles/managed-service-software/ >が参加できるようになったことも発表しました。参加するMSPは、アクロニスに代わってAcronis Cyber Protectionソリューションを世界規模のスポーツチームに提供し、スポーツの特典やブランドの露出といったメリットを享受できます。

MSPは、< https://www.acronis.com/en-us/lp/msp-sports/ >で #TeamUp プログラムを確認し、公式の #CyberFit デリバリーパートナーに応募することができます。

ウィリアムズ・レーシングによるアクロニス導入の詳細については、< https://www.acronis.com/en-au/resource-center/resource/541/ >をご確認ください。

ウィリアムズ・レーシングのエッジを保護する方法については、
https://www.youtube.com/watch?v=4FV6S38sKko >をご覧ください。

アクロニスについて

アクロニスは、データ保護とサイバーセキュリティが一体となった統合型の自動サイバープロテクションにより、安全性、アクセス性、プライバシー、真正性、セキュリティ(SAPAS)に関連する現代のデジタル社会の課題を解決します。サービスプロバイダーとIT専門家の要求に応える柔軟なデプロイメントモデルと、次世代型の画期的なアンチウイルス、バックアップ、ディザスタリカバリ、エンドポイント保護管理ソリューションによって、データ、アプリケーション、システムに対して上質のサイバープロテクションを提供します。受賞歴のあるAIベースのアンチマルウェアテクノロジーとブロックチェーンベースのデータ認証テクノロジーにより、クラウドからハイブリッド、さらにはオンプレミスまで、あらゆる環境を予測可能かつ低いコストで保護します。

2003年にシンガポールで設立され、2008年にスイスで法人化されたアクロニスは、現在18か国の33の拠点で1,500人を超える従業員を抱えています。アクロニスのソリューションは、550万人以上のホームユーザーと50万社以上の企業の信頼を得ており、この企業にはFortune 1000選出企業のすべてと一流プロスポーツチームが含まれています。アクロニスの製品は150か国以上の5万社のパートナーおよびサービスプロバイダー経由で提供され、40以上の言語でご利用いただけます。

Acronis(R)は米国、およびその他の国におけるAcronis International GmbHの登録商標です。
ここに記載されるその他すべての製品名および登録/未登録商標は、識別のみを目的としており、その所有権は各社にあります。



配信元企業:アクロニス・ジャパン株式会社
プレスリリース詳細へ

ドリームニューストップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング