1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

システムエグゼとウイングアーク1stがAzure Synapse AnalyticsとMotionBoard Cloudを活用したデータ分析サービスの提供に合意 ~戦略的業務提携の第1弾として発表~

DreamNews / 2021年6月30日 11時0分

写真


 株式会社システムエグゼ(本社:東京都中央区、代表取締役社長:大場 康次、以下システムエグゼ)と、ウイングアーク1st株式会社(本社:東京都港区、代表取締役 社長執行役員CEO:田中 潤、以下ウイングアーク1st)は、マイクロソフトが提供するクラウドプラットフォーム「Microsoft Azure」上の分析サービス「Azure Synapse Analytics」と「MotionBoard Cloud」を活用したデータ分析サービスの提供に合意しましたので、本日お知らせします。

 システムエグゼおよびウイングアーク1stは、2021年1月に資本・業務提携を行うことで合意しており、今回の取組みは戦略的業務提携の第1弾となります。

 企業のデジタル・トランスフォーメーション(DX)が進むにつれ、管理が必要なデータの種類が多様化し、データ量も大幅に増加しています。経営や現場の判断材料として、散在するシステムのデータやIoTなどの複雑なデータの活用を検討されている企業に向け、本サービスを提供します。
 本サービスでは、ウイングアーク1stが提供するBIダッシュボードMotionBoard Cloudと、マイクロソフトが提供するエンタープライズ向けデータウェアハウスとビッグデータ分析機能を兼ね備えたAzure Synapse Analyticsを連携させ、お客様に柔軟な分析環境を提供します。システムエグゼは2021年3月よりAzure Synapse Analyticsを活用したデータ分析プラットフォーム構築サービスの提供を開始しており、本サービスにおいてもお客様のデータ分析環境の構築や運用をご支援します。

【サービス内容】
■サービス名称
「データ分析プラットフォーム構築サービス for Microsoft Azure Synapse Analytics with MotionBoard Cloud」

■概要
Microsoft Azureの分析サービスであるAzure Synapse Analyticsでデータを収集・分析し、複数の便利機能を備えたMotionBoard Cloudであらゆるデータを集約・可視化します。現在、MotionBoardを利用している企業や、さまざまな観点から分析をしたい、現場部門主体でデータ活用をしたい企業に最適なサービスです。また、本格的に導入する前にフィット&ギャップを実施し、導入効果のイメージをつかんでいただけます。

■価格(税別)
・現行調査/アセスメント(1DB:70万円~)
・PoC環境構築・支援(環境構築:50万円~、検証:1入力データ:20万円~、1レポート:20万円~)
・クラウド利用料(27.5万円/月~)
・データ分析プラットフォーム構築(要お見積り)

■サービス紹介ページ
https://www.system-exe.co.jp/solution/bi/analysis/azure/


【ユースケース】
■1つのデータプラットフォームに集約(保険業)
-保険会社で扱うデータは多岐に渡り、複数システムにデータが散在し必要なデータの抽出やシステム間のデータ連携が課題。
-さまざまなデータソースの接続に対応し、膨大なデータを丸ごとデータレイクに蓄積できるキャパシティとさまざまな分析要求に迅速に対応できることが必要不可欠。
-本サービスを導入することで、データを1つのデータプラットフォームに集約することができ、さまざまな分析が行えるようになり、ビジネスユーザーが見たいデータにすばやくアクセスできる環境を実現。

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000239355&id=bodyimage1

■製造工場の非構造化 データをリアルタイムで分析・可視化(製造業)
-製造業の各工場が扱うデータには、構造化データのほか写真やIoTなど非構造化データも分析対象として含まれており、従来のDBだけでは分析に時間がかかる。
-非構造化データをAzure Synapse AnalyticsのもつETL機能を活用し、標準化した上で全て格納することで、複雑なデータプレパレーションを行うことなくMotionBoard上でデータ分析・可視化が可能に。
-IoTデータはAzure Functionsを利用することでMotionBoard上にリアルタイムのデータを表示、さらにアラートを送ることが可能となるため、設備故障時などに即時対応が可能に。

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000239355&id=bodyimage2



本サービスの提供開始にあたって、日本マイクロソフト株式会社様よりエンドースメントを頂戴しております。

日本マイクロソフトは、システムエグゼ様とウイングアーク1st様のAzure Synapse AnalyticsとMotionBoard Cloudを活用したデータ分析サービスの提供を心より歓迎します。MotionBoardが提供する様々な業務シーン、各インダストリーに特化したダッシュボードが、ビッグデータの機械学習機能を網羅したデータ分析基盤であるAzure Synapse Analyticsと組み合わせることで、様々なお客様のニーズに対応できると確信しております。今後も日本マイクロソフトはシステムエグゼ様、ウイングアーク1st様と共にお客様のデータ利活用、分析ソリューションを提供してまいります。
日本マイクロソフト株式会社 パートナー事業本部 パートナー営業統括本部 業務執行役員 統括本部長 野中 智史氏



 両社は今後、システムインテグレーションの経験豊かでデータベースの扱いに長けたシステムエグゼの知見と、データから新たな価値を生み出し、企業の競争力を向上させる「データエンパワーメントソリューション」を掲げるウイングアーク1stの知見を掛け合わせ、ソリューションプラットフォームの開発を目指してまいります。

【セミナー案内】
本サービスの詳細について、共催セミナーでご紹介します。
<講演内容>
セミナー名:データ分析プラットフォーム構築サービスによって実現できる世界
~Microsoft Azure Synapse Analytics with MotionBoard Cloud~
開催方法:Webセミナー(Zoom)
開催日時:2021年7月28日(水)14:00?15:30
開催費用:無料
定員:150名様
主催:株式会社システムエグゼ、ウイングアーク1st株式会社
共催:日本マイクロソフト株式会社
詳細・参加お申し込みページ: https://info.wingarc.com/public/seminar/view/19732




株式会社システムエグゼについて
https://www.system-exe.co.jp/

ウイングアーク1st株式会社について
https://www.wingarc.com/

* 記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です



配信元企業:ウイングアーク1st株式会社
プレスリリース詳細へ

ドリームニューストップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング