1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

STMの最新マイコン、SR6PおよびSR6GシリーズArm Cortex-R52ベースのStellarSR6統合MCU向けの広範なマルチコアデバッグおよびトレース機能対応したPLS-UDE販売開始

DreamNews / 2021年7月20日 15時0分

写真

2021年7月20日、ポジティブワン株式会社(本社:東京都渋谷区、ドイツ本社:PLSプログラマブルロジックアンドシステム日本総代理店)は、PLS製UniversalDebugEngine(UDE)の最新バージョンに、STMicroelectronics社の新しいSR6PおよびSR6GシリーズArm Cortex-R52ベースのStellarSR6統合MCU向けの広範なマルチコアデバッグおよびトレース機能を完全サポートしました。

Stellar SR6 Pシリーズは、次世代のドライブトレイン、電動化、およびドメイン指向のシステムに対応し、新しいレベルのリアルタイムパフォーマンス、安全性、および決定論を提供します。Stellar SR6 Gシリーズのアプリケーションは、ハイエンドのボディ統合からゾーン指向の車両アーキテクチャまで多岐にわたります。したがって、これらのデバイスは、高性能とエネルギー効率を、包括的な接続性と最高のセキュリティと組み合わせています。最大6つのArm Cortex-R52コア(一部はロックステップまたはスプリットロックモードで動作)、および最大20 Mバイトの組み込み相変化メモリ(PCM)により、最高のリアルタイムアプリケーションでマルチコアパフォーマンスが保証されます。

STパートナープログラムへのPLSの長年の関与を通じて継続的に強化されてきたUDEは、両方のデバイスシリーズのデバッグ、テスト、およびシステム分析のための完全なデバッグおよびトレース機能を開発者に提供します。ユーザーフレンドリーな方法での真のマルチコアデバッグは、単一のデバッグセッションと単一の共有デバッガインスタンス内で可能です。UDEマルチコア実行制御により、デバッグ中にデバイスのCortex-R52アプリケーションコアとCortex-M4ベースのアクセラレータコアの両方を同期できます。オプションで、すべてのコアまたは選択したコアのグループを同期的に開始および停止できます。

共有コードで使用できるマルチコアブレークポイントは、複雑なアプリケーションのデバッグを簡素化します。このようなブレークポイントは常に有効であり、現在どのコアがそれぞれのコードを実行しているかに完全に依存しません。UDEでは、実際のアプリケーションコアのサポートに加えて、統合されているハードウェアセキュリティモジュールや、広範なタイミングIO機能を提供するGTM4のデバッグも可能です。

包括的で非侵襲的なランタイム分析のために、UDEはCortex(R)-R52および-M4コアのCoreSightTMデバッグおよびトレースシステムの広範なトレース機能を活用します。さらに、オンチップネットワークを介したデータ転送を監視できます。UDEは、GTM4の広範なトレース機能も提供します。これらは、GTMでのコードの実行と、GTM固有の信号の両方を高い時間分解能で監視するために使用できます。

UDEに統合されたFLASHプログラミングツールUDEMemtoolは、Stellar SR6PおよびSR6Gシリーズに実装された相変化メモリ(PCM)をプログラミングするための最適化された機能を提供します。特別な機能により、Software-Over-the-Air(SOTA)のスムーズなサポートも保証されます。

シリアルワイヤデバッグ(SWD)を介したSTデバイスとUDE間の高速で信頼性の高いデバッグ通信のために、開発者はPLSのユニバーサルアクセスデバイスファミリのUAD2pro、UAD2next、またはUAD3 +デバイスから選択できます。チップから大量のトレースデータを記録するには、UAD2nextとUAD3 +の両方を使用できます。UAD2nextでは512MBのメモリを使用でき、UAD3 +では最大8GBのトレースメモリを使用できます。トレースデータの高速転送は、いずれの場合も、Stellar SR6GまたはSR6Pデバイスの高速シリアルトレースポート(HSSTP)を介して実行されます。

【PLSプログラマブルロジックアンドシステムとは】
PLSプログラマブルロジックアンドシステムGmbH(PLS Programmierbare Logik & Systeme GmbH)は、ドイツ・ラウタに本社を持つ組み込み向け開発ツールのサプライヤーです。NXPセミコンダクターズ、インフィニオンテクノロジーズ、STマイクロエレクトロニクス、ルネサスなどのレガシーな半導体から最先端の半導体のためのソフトウェアデバッグソリューションおよび完全な開発ツールを提供します。ポジティブワン株式会社は、日本総販売元として、日本およびアジア市場への販売、サポートを行っております。

【ポジティブワン株式会社について】
社名 ポジティブワン株式会社(POSITIVE ONE CORPORATION)
所在地 〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂1-12-1 渋谷マークシティ・ウエスト22F
所在地 〒651-0087 兵庫県神戸市中央区御幸通8-1-6神戸国際会館 22F

URL http://www.positive-one.com

ポジティブワン株式会社は、最先端技術と時代を先読みしたエンベデッドソリューションをご提供します。そのために海外の有力な最先端技術会社と提携し、多様化する仕様に対応できるOEMハードウェアや世界標準ISO等に準拠する品質向上のためのツールをご提供します。さらに、システムコンサルティング、エンベデッドからPC、スマートフォン、サーバーを含んだハードウェアからソフトウェアまでのシステム受託開発など、皆様のプロジェクト成功のためのご支援をいたします。

【本件に関するお問い合わせ先】
ポジティブワン株式会社
メールアドレス:poc_sales@positive-one.com
TEL:03-3256-3933 FAX:03-4360-5301

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000240738&id=bodyimage1



配信元企業:ポジティブワン株式会社
プレスリリース詳細へ

ドリームニューストップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング