1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

楽しみながら英語を学ぼう! 「Fortnite(フォートナイト)英会話スクール」開講

DreamNews / 2021年9月6日 11時0分

写真

日本最大級のデジタル教育施設「REDEE(レディー)」(所在地:大阪府吹田市)を運営するレッドホースコーポレーション株式会社(本社:東京都江東区、代表執行役社長:宮本隆温)は、ゲームを楽しみながら英語を学べるeスポーツ英会話「Fortnite(フォートナイト)英会話」の講義を9月19日から開始します。対象年齢は小学生以上。9月の講義は19日と26日で、予約は2週間前の9月3日から可能です。REDEEでは、4月のイベントとしてワンタイムレッスンを開催し、好評であったため、今回、本格導入の運びとなりました。

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000243476&id=bodyimage1

小中学生に人気のeSports英会話「Fortnite(フォートナイト)英会話」
人気オンラインゲーム「フォートナイト」をプレイしながら英語を学んでいただきます。
グローバル化・少子高齢化といった社会構造の変化と、AI・ロボット・IoTなどのテクノロジーの発展によって、加速度的に時代は変化し、これからの時代を生きる子供たちにとっては「英語力」と「ITスキル」が必須になります。そんな子供たちが効率よく「英語」と「IT」を学ぶことができるのが、「Fortnite(フォートナイト)英会話」です。

4月にワンタイムレッスンを開催した「Fortnite(フォートナイト)英会話」を本格的導入
REDEEでは4月にイベントとして「Fortnite(フォートナイト)英会話」のワンタイムレッスンを開催しました。その時、好評だったことを受け、今回の本格スタートに至りました。
基本的な挨拶やフォートナイトでよく使うフレーズをみんなで音読したり、実際に覚えた英語を使ってミニゲームに挑戦しながら、ネイティブの講師から本格的な英会話を学んでいきます。
講師は、大阪、北摂エリアの小学校で9年以上子供たちに英語を教え、OSAKA ENGLISH VILLAGEで4年以上教鞭をとっていた「ファイト先生」。経験豊富な講師によるリード・指導で子供たちが英語を話すキッカケを上手く作り出してくれます。
講義は講師が生徒と一緒にゲームをプレイしながら英語を教えながら進行します。対象年齢は小学生以上で、授業の難易度は初級。授業では、講師と生徒が同じチームで一緒にゲームをプレイしながら英語で会話していきます。例えば、あいさつに使う言葉やeスポーツの基本用語、ゲームに頻出する単語などを覚えた上でプレイを始め、敵の位置などをボイスチャットを使って英語で伝えながら進めていきます。
<留意点>
本レッスンはPCでフォートナイトをプレイしたことのある方向けのレッスンで、PC版のフォートナイトを教えるものではありません。PCでの操作ができない場合、レッスンを十分にお楽しみいただけない場合があります。事前にPC版フォートナイトの操作のレクチャーをご希望の方は、本レッスン以外でREDEEの「ガレリアラウンジ」(PCエリア)でスタッフよりレクチャーを受けることができます。
9月の講義は19日と26日で、2週間前から予約可能です。10月以降も継続開催する予定です。
詳細はこちら( https://redee.game/curriculum/fortnite-english-lesson/)から。

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000243476&id=bodyimage2

月額980円~。ゲームを使ってプログラミングを学べるメンバーシップ
「Fortnite(フォートナイト)英会話」は、「REDEEメンバーシップ」に入会すると参加できます。
REDEEメンバーシップとは、講師が説明する座学型の「講義」と、自由な時間に来館しテキストを読みながら自分で学習を進める「自己学習」、3ヶ月合計6回決まった時間に学習することができる「スクール」という教育コンテンツがあり、月額料金を支払えばいつでも好きな時間に好きなだけ学ぶことができます。その中で、「Fortnite(フォートナイト)英会話」は、まずは「講義」メニューとして展開します。11月以降に「スクール」としても登場する予定です。
REDEEメンバーシップは、現在、入会キャンペーンを実施中です。2021年9月末までの入会で、初月は 月額980 円、2ヶ月目以降は 2,980 円となっています。
プログラミングの他にもゲーム制作、e スポーツ、ドローン体験、You Tuber体験等、多数のコンテンツがあり、メンバーシップの会員であれば、館内の利用はすべて自由となっています。自分の好きなことを楽しみながらデジタル技術や思考の組み立て方等を学ぶことができます。
7月から始まったこのREDEEメンバーシップ。すでに多くの子供たちが参加し、好きな時間に来館して、楽しく学習しています。REDEEメンバーシップの会員数は、年内に500名を目指しています。

【REDEEは日本最大級のデジタル教育施設】
「REDEE」は、ゲームの体験を通じて、デジタル技術をはじめ、広域な知識やスキルを獲得するための施設として、2020年3月1日に大阪府吹田市のエキスポシティ内にオープンした日本最大級のデジタル教育施設です。258席を有するシアターのプロゲーマー体験エリアで、eスポーツ大会の出場者さながらの体験やゲーム実況者体験、VRやドローンの体験、プログラミング教室など、誰もが気軽に楽しんで、学べる施設です。学校関係者向けの校外学習や修学旅行先としても大変人気のスポットで、コロナ禍においても多数の団体様にご来館をいただております。
公式サイト: https://redee.game/
住所:〒565-0826 大阪府吹田市千里万博公園2-1
アクセス:大阪モノレール「万博記念公園駅」より徒歩約2分、ららぽーとエキスポシティ内
施設面積:1,457坪
運営会社:レッドホースコーポレーション株式会社
サポート:ウェルプレイド・ライゼスト株式会社、Next Group Holdings株式会社

【レッドホースコーポレーション株式会社】
本社:〒135-0061 東京都江東区豊洲 3 丁目 2 番 24 号 豊洲フォレシア 9 階
設立:1964 年 3 月
代表者:代表執行役社長 宮本 隆温
事業内容:産直D2C事業、ウェルネス事業、エデュテイメント事業(eスポーツ)、地域産業支援及び活性化事業、ギフト事業、宿泊運営事業、インバウンド事業
URL: https://www.redhorse.co.jp/

【お客様からのお問い合わせ先】
担当:高橋、古川
TEL:06-6155-7299
e-mail:contact@redee.game



配信元企業:レッドホースコーポレーション株式会社
プレスリリース詳細へ

ドリームニューストップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング