1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

【調査結果】人工知能(AI)を活用したオフィス業務効率化・業務支援ソリューション市場、2030年に約6,461億円に発展

DreamNews / 2021年9月9日 10時0分

写真

●人工知能(AI)を活用したオフィス業務効率化・業務支援システム市場は、2021年で1,985億円、2030年には6,461億円に達すると予測(※)。
●人工知能を活用したオフィス業務効率化・業務支援システム(パッケージ製品でSaaS及びオンプレミスで提供しているもの)を「予測分析(BI、ERPなど)」「ナレッジ共有(エンタープライズサーチ、チャットボットなど)」「収益向上関連(営業・マーケティング部門向けSFA、CRM、など)」「人事総務(人事システムなど)」「経理(クラウド会計システムなど)」「法務・リスク管理」に分類。各カテゴリの最新動向を整理・分析。
●参入企業72社、約100製品を調査。13社にヒアリングを実施。

(※)SaaS提供のパッケージ製品の場合は初期導入費用及び月額使用料、オンプレミス提供の場合は、構築(導入)費用及び保守費用の単年の売上予測

株式会社シード・プランニング(本社:東京都文京区 梅田佳夫社長、以下シード・プランニング)は、人工知能を活用したオフィス業務効率化・業務支援向けパッケージ商品に関する最新動向について調査を行い、このほど、その結果をまとめしたのでお知らせいたします(レポート名「DX時代のAIツール活用事例と将来展望」、URL: http://store.seedplanning.co.jp/item/11046.html)。

2021年9月にデジタル庁が発足され、デジタル担当大臣が設置されました。マイナンバー制度や保健医療分野の電子化に代表されるDXを推進する動きが生まれています。

一般企業においては、IoT化による膨大なデータの蓄積や、ビッグデータの活用、働き方改革、労働人口減少、コロナ渦によるテレワークの浸透、DX推進などの社会変化や技術革新により、営業部門(SFAやCRMなど)、人事部門(人事システムなど)、経理部門(クラウド会計システムなど)、法務部門、経営戦略部門(ERP、BIツールなど)などに向けた様々な業務効率化・業務支援システムが用いられています。業務効率化・業務支援システムの中には、人工知能を「人間の働き方を支援する」もの、として実装しているものも多くみられるようになってきており、業務効率化や個々の力を最大限に引き出し活き活きと働ける職場の実現などに貢献しています。

本調査では、人工知能を活用した業務効率化・業務支援システムについて、「予測分析(ERP、BIツールなど)」「ナレッジ共有(チャットボット、エンタープライズサーチなど)」「収益向上関連(CRM、SFAなど)」「人事総務(人事システムなど)」「経理(クラウド会計システムなど)」「法務・リスク管理」にカテゴライズし、それぞれの注目ソリューションとその提供企業、分析対象データ、活用技術(AI-OCRを含む画像処理、自然言語処理、音声認識、画像処理、機械学習やディープラーニングを含むロジック処理)、今後の市場性などについて整理・分析を行いました。

本書のポイント、掲載内容、本書の概要は以下の通りです。

■人工知能を活用したオフィス業務効率化・業務支援システム市場は2030年に、約6,461億円にまで成長

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000243660&id=bodyimage1

今回の調査では、2021年の当該市場規模は1,985億円、2030年には、6,461億円に達すると予測しました。なお、上図の市場規模はSaaS提供のパッケージ製品の場合は初期導入費用及び月額使用料、オンプレミス提供の場合は、構築(導入)費用及び保守費用の単年の売上予測です。

市場規模の拡大の要因としては

・今後も企業のDX化やテレワークの普及が進んでいくことにより人工知能を活用したオフィス業務システムへのニーズが高まっていく
・「説明可能なAI」に代表されるユーザーフレンドリーなAIの登場

などが挙げられます。

■人工知能を活用したオフィス業務効率化・業務支援システムを6分野に分類し、詳細分析
今回の調査では、人工知能を活用したオフィス業務効率化・業務支援システムを下記の6分野に分類し、詳細を分析しました。

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000243660&id=bodyimage2

■本調査結果を掲載したレポートの概要
● レポート名:DX時代のAIツール活用事例と将来展望 ~ 業務支援における人工知能活用で実現する働き方改革 ~
● 発刊日:2021年8月10日
● 体裁:A4/292ページ
● 発行:株式会社シード・プランニング
● 販売価格:
【書籍版】165,000円(本体価格150,000円)
【PDF(CD-ROM)版】 165,000円(本体価格150,000円)
【PDF(ダウンロード)版】 165,000円(本体価格150,000円)
【書籍+PDF(CD-ROM)版】198,000円(本体価格 180,000円)
【書籍+PDF(ダウンロード)版】198,000円(本体価格 180,000円)
【PDFコーポレート版】412,500円(本体価格 375,000円)
● 概要:
詳細は、本書HP( http://store.seedplanning.co.jp/item/11046.html)を参照


【掲載事例】
「第1章 3. AIを用いた業務支援ソリューション市場動向 (3) 主な参入企業と提供ソリューション」 掲載例

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000243660&id=bodyimage3

「第2章 業務別 人工知能活用状況」 掲載例

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000243660&id=bodyimage4

「第3章 取材企業個票」 掲載例

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000243660&id=bodyimage5



配信元企業:株式会社シード・プランニング
プレスリリース詳細へ

ドリームニューストップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング