1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

行きつけ美容室をやめたきっかけ1位「美容室や美容師に対する不満」が43%。行きつけ美容室をやめた理由のアンケート調査。

DreamNews / 2021年10月5日 13時0分

写真

美容室の口コミサイト「ヘアログ」( https://hairlog.jp/ )を運営する株式会社ノーマリズム(東京都目黒区)は、行きつけ美容室に行くのをやめた経験のある全国の10代~50代の男女を対象に、「行きつけの美容室に行くのをやめたきっかけや理由」のアンケート調査を実施しました。アンケート結果をもとに、行きつけの美容室に行くのをやめたきっかけや理由を分析しましたのでご報告いたします。


■調査概要
調査対象: 全国の10代~50代の男女
回答数: 100名
調査期間: 2021年9月29日~2021年10月1日
調査方法: インターネット調査
調査結果URL: https://hairlog.jp/special/article/11233


■「美容室や美容師に対する不満」が43%
「行きつけの美容室に行くのをやめたきっかけや理由」のアンケートの回答を分析すると、大きく3つのグループに分類することができました。

・美容室や美容師に対する不満: 43%
・自分都合(生活環境の変化など): 38%
・担当美容師の異動や退職: 19%

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000245247&id=bodyimage1


■美容室や美容師に対する不満の回答

・それまでは丁寧に接客してくれていたのに、ある日突然タメ口で気やすく話しかけてくるようになったので行くのを止めました。(30代/男性/広島県/正社員)
・接客があまりにも酷くなったからです。冗談で話したことを(店員も勿論冗談と分かって笑ってた)いつまでもイジられ続け、他の担当についた後も途中で来ていじったり、最後の会計時まで何度も同じ事でいじられ続けて、さすがに嫌になって行くのをやめました。(30代/女性/群馬県/専業主婦)
・担当美容師さんが、私との会話にダメ出しをしてくるようになり嫌な感じがしてきたのでやめました。(40代/女性/広島県/自営業、自由業)
・縮毛矯正をそこでずっとしていたが段々雑になってきてるのに素人でもわかり腹が立っていたときに、前髪を眉毛と目の間くらいと伝えたのにオン眉にされ謝りもされなかったので二度と行かないと思った。(20代/女性/東京都/会社経営、役員)
・左右の髪の長さが違うことが何度か続き、対応にも不満を感じたから。(30代/女性/東京都/専業主婦)

美容室や美容師に対する不満の回答では、「接客(会話)」「施術」「他のスタッフ」「商品の売り込み」が不満の原因に多くあがっておりました。
その他、「ポイントや割引の対応に不満」「いつも待たされる」「タバコ臭い」といった少数意見もありました。


■自分都合(生活環境の変化など)の回答

・長年知り合いの美容室をずっと利用していましたが、転勤が決まり自宅から遠距離になってしまったので通う事が出来なくなってしまいました。(30代/女性/千葉県/専業主婦)
・一人暮らしのため遠くに引っ越しをしたため(30代/男性/兵庫県/パート、アルバイト)
・専業主婦になったので、美容院にあまりお金をかけられなくなったから。(30代/女性/愛知県/専業主婦)
・第一子出産を機にやめました。少し遠かったのと、託児付きの美容院を新しく見つけたためです。(20代/女性/兵庫県/パート、アルバイト)
・違う美容院に行った時、値段が行きつけの所と比べて安く、店の雰囲気が好きだったから。(10代/女性/埼玉県/学生)

自分都合(生活環境の変化など)の回答では、「引越や転勤」「他の美容室に浮気」「結婚・出産」が多くあがっておりました。
その他、「髪がうすくなり坊主に」「セルフカットをするようになった」「コロナ禍で通えなく」といった少数意見もありました。


■担当美容師の異動や退職の回答

・美容師さんが寿退社されることになり、他の人に代わるなら長時間かけていく意味がないと思って、行くのをやめました。(40代/女性/広島県/専業主婦)
・今までカットしてくれていた人が辞めてしまったためです(40代/女性/神奈川県/パート、アルバイト)
・指名していた美容師さんが他店へ異動された為、行きつけの美容院へ行くのをやめました。(30代/女性/愛知県/その他)
・ずっと同じ方にやって頂いていたが、その方が辞めてしまうことになったため、別の店にすることにした(20代/女性/愛知県/派遣社員、契約社員)
・担当の人が美容師を辞めたからです。(20代/男性/埼玉県/正社員)


■常連客の失客理由、美容室側の原因は43%、不可避の失客は57%
今回、行きつけ美容室をやめた理由を「美容室や美容師に対する不満」「自分都合(生活環境の変化など)」「担当美容師の異動や退職」と3つのグループに分類しましたが、美容室の立場からみますと常連客の失客理由とも考えられます。
美容室側から見た常連客の失客理由として考えますと、「美容室や美容師が原因となった、自ら生んだ失客」と「美容室側が原因ではない、不可避の失客」の2つに分類することができます。

《美容室や美容師が原因となった、自ら生んだ失客》
・「美容室や美容師に対する不満」・・・43%

《美容室側が原因ではない、不可避の失客》
・「自分都合(生活環境の変化など)(38%)」
・「担当美容師の異動や退職(19%)」・・・合計57%

美容室にとって、常連客の失客をいかに防ぐかということは重要ですが、半数以上が不可避の失客ですので、100%失客を防ぐことは不可能です。
しかしながら43%の美容室が自ら生んだ失客に対しては、自らの努力で防いでいくことができるはずです。


■調査結果の引用・転載について
本レポートの著作権は、株式会社ノーマリズムが保有します。
引用・転載される際は、「ヘアログ」( https://hairlog.jp/ )へのリンクと出典を明記してご利用いただくようお願いします。


■株式会社ノーマリズムについて
「最高の普通を追求します。これからの普通を創造します。」をコンセプトに、美容室の口コミサイト[ヘアログ]( https://hairlog.jp/ )など、主に美容室業界向けのWEBサービスを提供しています。



配信元企業:株式会社ノーマリズム
プレスリリース詳細へ

ドリームニューストップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング