1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

【矢野経済研究所プレスリリース】医療情報システム(EMR・RHR)市場に関する調査を実施(2021年)~2020年度の医療情報システム市場規模は、前年度比4.0%減の2,676億7,700万円と推計~

DreamNews / 2021年10月19日 14時0分

写真

株式会社矢野経済研究所(代表取締役社長:水越孝)は、国内の医療情報システム市場を調査し、セグメント別の市場動向、参入企業動向、将来展望を明らかにいたしました。

1.市場概況

医療情報システム(EMR:Electronic Medical Record、EHR:Electronic Health Record)は、業務効率化や情報連携を図るシステムとして、医療施設(病院や一般診療所など)に導入されている。市場は、電子カルテを中核に形成されており、地域医療連携・地域包括ケアにおいて医療情報の電子化が重要視されるだけでなく、院内においてもチーム医療・クリティカルパスなど、医療における大きな変革にIT化は不可欠なツールとなっている。
また、2010年には診療録の外部保存が解禁されたことで民間事業者側のデータセンター等での診療情報の保管が認められ、クラウド型の電子カルテや医用画像システム(PACS)の市場も形成されており、普及が進んでいる。

2.注目トピック~新型コロナウイルス感染症の影響で、市場は一時的に縮小の見込

医療情報システム市場規模は近年、概ね前年度比1~2%増の推移となっていた。しかしながら、新型コロナウイルス感染拡大により、2020年3月頃よりシステムベンダーの営業機会の損失や、院内での導入検討会議や導入作業などの遅延といった事態が顕在化し始めた。その影響は徐々にゆるやかになっているものの2020年度を通じて完全に回復するにはいたらず、2020年度の医療情報システム市場規模は前年度比4.0%減の2,676億7,700万円と推計する。
市場の内訳をみると、2020年度は全てのシステムで前年度比マイナスとなっており、下落率の高いシステム分野では前年度比20%近くの減少となっている。

3.将来展望

医療情報システム市場規模は2020年度の下落から徐々に回復し、2021年度は前年度比3.1%増の2,758億7,900万円、2022年度は同2.0%増の2,813億3,900万円となり、2019年度の水準(2,787億6,500万円)を越えると予測する。

各市場は基本的にリプレイス中心の市場となっており大きな成長は見込まれない中、近年では電子カルテ市場においてクラウド型電子カルテが存在感を増している。クラウド型電子カルテの特徴のひとつは初期費用を抑えて導入できることであり、電子カルテ化が進んでいない比較的小規模な病院での電子カルテ化促進に寄与すると予測する。

※掲載されている情報は、発表日現在の情報です。その後予告なしに変更されることがございますので、あらかじめご了承ください。
https://www.yano.co.jp/press-release/show/press_id/2808

調査要綱
1.調査期間: 2021年7月~9月
2.調査対象: 国内の医療情報システムベンダー
3.調査方法: 当社専門研究員による直接面談(オンライン含む)、ならびに電話取材調査併用
4.発刊日:2021年09月29日

お問い合わせ
⇒プレスリリースの内容や引用についてのお問い合わせは下記までお願いいたします。
株式会社矢野経済研究所 マーケティング本部 広報チーム
https://www.yano.co.jp/contact/contact.php/press

株式会社矢野経済研究所
https://www.yano.co.jp/

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000246203&id=bodyimage1



配信元企業:株式会社矢野経済研究所
プレスリリース詳細へ

ドリームニューストップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング