1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

来年4月から全企業対象に設置義務化される 『ハラスメント相談窓口』の解説ページ開設

DreamNews / 2021年11月18日 12時0分

写真

『労働トラブル相談士』の資格を開催しているクレア【CHREA=キャリア人財育英協会】(運営元:株式会社エル・エー、所在地:東京都八王子市、代表取締役社長 笹部朋博)は、オフィシャルサイト( https://chrea.jp/)にて、『ハラスメント相談窓口設置義務化』の解説ページを2021年11月18日に開設しました。

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000248418&id=bodyimage1

【ハラスメント相談窓口設置義務化 解説ページ開設】
この度クレアのオフィシャルサイトにて、来年2022年4月から全企業に設置が義務化される「ハラスメント相談窓口」についての解説ページを開設しました。
2020年6月1日より、改正労働施策総合推進法(パワハラ防止法)の施行に伴い、大企業におけるハラスメント相談窓口の設置が義務化されました。中小企業についても2022年4月1日より義務化されます。ハラスメント相談窓口の設置義務を怠った場合には、厚生労働大臣からの勧告や、企業名の公表といった社会的制裁措置の可能性があります。
(1) 相談への対応のための窓口(相談窓口)をあらかじめ定め、労働者に周知する
(2) 相談窓口担当者は相談者に対し、その内容や状況に応じ適切に対応できるようにする
以上の対応が全企業にもれなく求められます。

■クレア<ハラスメント相談窓口設置義務化 解説ページ>
https://chrea.jp/2022-4_start/


【労働トラブル相談士の概要】
来年2022年4月からパワハラ防止法に基づき、全国380万社に「ハラスメント相談窓口」設置が義務化されます(大企業は既に義務化されています)。
また、一年間で都道府県労働局に持ち込まれるハラスメント関係の相談件数は、パワハラ8万件・セクハラ・マタハラ2万件、合計で10万件(令和元年例)を超えています。
労働トラブル相談士は、ブラック労働に苦しむ労働者の依頼を受け、どのように対処すればよいかをアドバイスする資格として、キャリア人財育英協会(以下、クレア)が認定講座を実施しています。
また、企業からのハラスメントセミナーなども行っています。



配信元企業:株式会社エル・エー
プレスリリース詳細へ

ドリームニューストップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

10秒滞在

記事を最後まで読む

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください