1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

漆芸作家 松本光太と作る彫漆アクセサリー

DreamNews / 2021年12月2日 9時0分

写真

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000249365&id=bodyimage1


国の伝統的工芸品にも指定されている香川漆器(5つの技法:蒟醤、存清、彫漆、象谷塗、後藤塗)。今回は、そんな香川漆器の技法の一つである彫漆(ちょうしつ)で、自分だけでのオリジナルアクセサリーを作ります。


香川漆器 彫漆ワークショップ

彫漆とは、各種の色漆を何十層も塗り重ねた色漆の層を作り、その層を掘り下げることによって模様を浮き彫りにする技法です。彫りそのものによる立体感と、彫りの深さによって変わる色の対象が独特の美を生み出します。

ワークショップでは、ベースとなる漆器のアクセサリー土台をお選びいただき、描きたい図柄を決め、表面を彫って模様を描いていきます。当日は、絵柄のアレンジや、彫り方のコツなど、漆芸作家の松本光太さんに直接ご相談いただきながら作ることが可能です。

この機会に、自分だけのオリジナルの漆アクセサリーを作ってみませんか。

開催概要
■日時:12月18日(土) (1)11:30~ (2)14:00~ (3)16:00~
    12月19日(日) (1)11:30~ (2)14:00~ (所要時間約1時間半)
■定員:5名(事前予約制)
■参加費:大6,600円(税込)、小5,500円(税込)
■場所:THE COVER NIPPON店内 (東京ミッドタウンガレリア3F)

■講師:漆芸作家 松本光太 (まつもと こうた)

お申し込みはこちら  https://thecovernippon.shop-pro.jp/?pid=165318009

※漆を使用しますので、肌の弱い方はかぶれる可能性がありますのでご注意ください。
※開催内容は変更になる場合がございます。予めご了承ください。


松本光太

1997年 重要無形文化財保持者磯井正美に師事
2007年 公益信託音丸漆芸研究奨励基金受賞
2010年 瀬戸内国際芸術祭漆の家プロジェクト さぬきうるしSinra設立
2015年 タイ・バンコクにて展覧会
2016年 フランスにて展覧会
2018年 中国・北京・タイ・シンガポールにて展示会・フランスにて展覧会
現在 日本工芸会正社員、さぬきうるし Shinra 代表/数々の展覧会にて入選


香川漆器

香川漆器は江戸時代に高松藩主である松平家が、茶道・書道に付随して振興・保護したのが始まりです。江戸後期には、香川漆器の始祖と言われる玉楮象谷が、中国伝来の漆技法に独自の技を加えて新しい手法を創案。現在まで受け継がれ、蒟醤(きんま)、存清(ぞんせい)、彫漆(ちょうしつ)、象谷塗、後藤塗の5つの技法は、国の伝統的工芸品にも指定されています。独自の発展を遂げた伝統的な工芸品は、今でも暮らしの中で愛され続けています。


詳細はこちらから
https://thecovernippon.jp/20211130-carvinglacquer/?utm_source=DN&utm_campaign=referral&utm_term=DM2021202

[企画・運営]
メイド・イン・ジャパン・プロジェクト株式会社
〒104-0054 東京都中央区勝どき5-5-14-314
TEL 03-5534-9903 FAX 03-5534-9904

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000249365&id=bodyimage2



配信元企業:メイド・イン・ジャパン・プロジェクト株式会社
プレスリリース詳細へ

ドリームニューストップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

10秒滞在

記事を最後まで読む

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください