1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

2022年度グループ安全スローガンを決定 -2つのカテゴリでより分かりやすく、更なる安全強化を図る-

DreamNews / 2022年1月21日 16時30分

写真

SBSグループは、1月4日、運輸安全マネジメントに基づく安全啓発活動のひとつである、2022年度SBSグループ安全スローガンを決定しましたのでお知らせいたします。
                        ◆
SBSグループでは、事故ゼロの実現を目指した重要な施策のひとつとして、年間の「安全スローガン」をグループ従業員から公募し、定めています。今年からは、グループ内に運送業以外の事業所もあることを踏まえ「交通安全関連」と「事業所の安全関連」の2つカテゴリを設置。昨年より3,495件増の17,457件の応募がありました。
運輸安全推進委員会による審査と従業員の最終投票による選考の結果、「交通安全関連」ではSBSゼンツウ株式会社 野村智也(のむら ともや)の「運転は 広い心と 広い視野」、「事業所の安全関連」では昨年グループ入りした株式会社日ノ丸急送から木原功(きはら こう)の「思い込み 油断の焦りが 事故のもと」が最優秀賞に決定しました。
2つの最優秀賞作品は年間スローガンとして全事業所にポスター掲示するほか、入賞作品も交通安全関連と事業所の安全関連を隔月で月間スローガンとし、併せてグループウェアや社内刊行物へ掲載します。SBSグループは今年も従業員一丸となり事故ゼロを目指します。

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000252168&id=bodyimage1


                                            以 上
■ご参考
<SBSグループ概要>
持株会社:SBSホールディングス株式会社(SBSグループ持株会社)
設立:1987年12月
代表者:代表取締役社長 鎌田 正彦
上場:東京証券取引所市場第一部(証券コード:2384)
本社住所:東京都墨田区太平4丁目1番3号 オリナスタワー
資本金:39億円
売上高:2,571億円(連結、2020年12月期)
従業員数:21,840名(うち正社員9,742名、連結)
事業内容:SBSグループは、1987年の創業以来、物流ならびに物流に付帯するサービスを充実させ、ワンストップの物流サービスをご提供することで、お客様の利益創造に貢献してまいりました。グループ内には、食品から超重量物までさまざまな商品を扱う企業群、路線、区域、即日配送まで多様な配送形態にお応えできる企業群、そして、物流施設開発、環境物流などの専門的な企業群を有しています。

主要企業と主な事業
SBS東芝ロジスティクス(株): 総合物流、3PL、4PL
TLロジサービス(株) :営業倉庫、港湾運送
SBSリコーロジスティクス(株): 総合物流、3PL
SBS三愛ロジスティクス(株): 精密機器配送、3PL
SBSロジコム(株): 総合物流、3PL
SBSフレイトサービス(株): 一般物流、路線事業、3PL
SBSグローバルネットワーク(株): 国際物流
SBSフレック(株) :食品物流、3PL
SBSフレックネット(株): 食品物流
SBSゼンツウ(株) :食品物流、個人宅配
SBS即配サポート(株): 即日配送、廃棄物処理
SBS Logistics Singapore Pte. Ltd. :国際物流
SBSアセットマネジメント(株) :物流施設の開発、賃貸
SBSスタッフ(株) :人材派遣、職業紹介
SBSファイナンス(株): リース、保険、共同購買
マーケティングパートナー(株): マーケティング、通販事業
SBS自動車学校(株) :自動車運転教習事業
東洋運輸倉庫(株) :通関業、3PL
SBS古河物流(株) :通関業、3PL

URL:HUhttps://www.sbs-group.co.jp

■本件に関するお問い合わせ先
SBSホールディングス株式会社 IR・広報部
TEL:03-3829-2240/e-mail:contact11@sbs-group.co.jp

※ 当資料に掲載されている情報は、発表日現在の情報です。その後予告なしに変更されることがございますので、あらかじめご了承ください。



配信元企業:SBSホールディングス株式会社
プレスリリース詳細へ

ドリームニューストップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

10秒滞在

記事を最後まで読む

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください