さぬき映画祭2018、本広克行総監督の「SETOUCHI THE MOVIE」で開幕!

映画.com / 2018年1月23日 18時35分

写真

豪華キャストがさぬき入り

 [映画.com ニュース] 香川県出身の本広克行監督がディレクターを務める「さぬき映画祭2018」が2月9~12日、同県内で開催される。今回のオープニング上映は、本広が総監督を務める「SETOUCHI THE MOVIE Sanuki film festival ver.」。瀬戸内をテーマに制作された新作ドキュメンタリーで、瀬戸フィルハーモニー交響楽団の生演奏付きで鑑賞することができる。

 12年目を迎えた今年のテーマは「拡がる、映画祭。」。福士蒼汰が主演する本広監督の最新作「曇天に笑う」が10日に特別先行上映され、出演の古川雄輝、桐山漣、小関裕太、池田純矢が登壇を予定している。さらに、イオンシネマ綾川では10~12日、「ガンダム」シリーズの特集上映を開催する(上映ラインナップは映画祭公式サイトで随時発表)。

 「さぬき真夜中の映画祭」も忘れてはならないコンテンツだ。9日は本広監督、10日は黄瀬和哉監督、11日は犬童一心監督が午後11時から3時間にわたり、トークを繰り広げる。9日は本広監督のドラマデビュー作を特別上映するが、黄瀬監督の回、犬童監督の回は当日まで内容が明かされないという。

 また最終日となる12日午後1時には、かがわ国際会議場でスペシャルイベント「さぬきストーリー・プロジェクト上映会&水曜どうでしょう×ゴリパラ見聞録」が行われる。北海道の深夜バラエティ番組「水曜どうでしょう」の藤村忠寿ディレクターと嬉野雅道ディレクター、福岡の深夜バラエティ番組「ゴリパラ見聞録」のゴリけんと「パラシュート部隊」の矢野ペペ&斉藤優によるトークバトル。今年で3回目の企画だが、今回も香川で撮影した新作コンテンツを初上映する。さらに同日午前10時30分には、同所で「旅番組のつくり方」と題し、埼玉のバラエティ番組「いろはに千鳥」が参戦決定。「千鳥」の大悟とノブが、「ゴリパラ見聞録」の3人とともに旅番組の作り方をレクチャーする。

 「さぬき映画祭2018」は2月9~12日、イオンシネマ高松東やイオンシネマ綾川、レグザムホール(香川県県民ホール)などで開催。

映画.com

トピックスRSS

ランキング