「バック・トゥ・ザ・フューチャー」キャストがファンイベントに結集!改めてリブート&続編製作を否定

映画.com / 2018年8月14日 13時0分

写真

改めてリブート&続編製作を否定

 [映画.com ニュース] 米ボストンで行われたポップカルチャーイベント「FAN EXPO」でこのほど、「バック・トゥ・ザ・フューチャー」シリーズのキャストが結集した。

 マーティ役のマイケル・J・フォックス、ドク役のクリストファー・ロイド、ロレイン役のリー・トンプソン、ビフ役のトーマス・F・ウィルソンの4人が参加。それぞれが、集合写真をインスタグラムに投稿。フォックスは「2018年には、ビフまでやってきた」、トンプソンは「4人の友達が未来から戻ってきた」などとコメントしている。

 スティーブン・スピルバーグ監督がプロデュース、ロバート・ゼメキス監督がメガホンをとった「バック・トゥ・ザ・フューチャー」は1985年に公開。その後、「バック・トゥ・ザ・フューチャー PartII」(89)、「バック・トゥ・ザ・フューチャー PartIII」(90)が公開。4人が顔を合わせるのは、2015年の30周年記念イベント以来となる。

 昨今のハリウッドは往年のヒット映画のリブートを積極的に行っているが、同イベントでフォックスは同作のリブートや続編が作られる可能性を改めて否定した。理由は、ゼメキス監督と脚本家のボブ・ゲイルが反対しているため。かつて2人は、「自分たちが死ぬまではリメイクを作らせない」と発言している。

映画.com

トピックスRSS

ランキング