【ホラー映画コラム】OSOREZONEの「怪談新耳袋」でホラーライフが捗る!劇場版2作品はココを見よ

映画.com / 2019年3月9日 21時0分

写真

 [映画.com ニュース] Twitterのホラー界隈で知らぬ者はいない、“人喰いツイッタラー”こと人間食べ食べカエル(@TABECHAUYO)が、ホラー映画専門の動画配信サービス「OSOREZONE」で配信中のオススメ作品を紹介するコラム「人間食べ食べカエル テラー小屋」。第2回は、人気作「怪談新耳袋」シリーズです。

 皆さんは「怪談新耳袋」をご存じだろうか。知らない方の為に説明すると、日本全国のありとあらゆる恐怖体験を集めた実話怪談集「新耳袋」を原作としたホラードラマである。この作品の最大の特徴は1話あたり5分という驚異の短さだ。空いた時間に気軽に見られるため、ホラーのスナック菓子的な感覚で楽しむことができる。各エピソードの内容もガチのホラーからコミカル系、不条理モノなどバラエティに富んでおり、もう1話、あともう1話と見ているうちに気付けば時間が経ってしまう。

 実はホラー専門配信サービスOSOREZONEでは、すでに「怪談新耳袋」ドラマ版の第1~5シーズンが配信されている。つまり朝起きたら新耳袋、移動中に新耳袋、休憩中に新耳袋などなど、我々が日々送っている生活の随所に新耳袋を挟み込む新耳袋ライフハックが可能となるわけだ。そして、OSOREZONEに第2弾の配信ラインナップが追加されたのだが、そこに劇場版として作られた新耳袋2作品も含まれている。OSOREZONE、新耳袋の福利厚生がやたら充実している。というわけで前置きが長くなってしまったが、今回のテラー小屋では、新たに追加された「怪談新耳袋 劇場版」と「怪談新耳袋 劇場版 幽霊マンション」をピックアップして紹介したい。

 まず「怪談新耳袋 劇場版」だが、こちらは短編・中編からなる複数のエピソードで構成された作品だ。本作については、唐突に出てきたバスケットボールを持った異常に白いお婆さんの霊がすごい勢いで迫ってくるやつ、と言えば大体の人は「あ~、あれね」となるのではないかと思う。あの(色んな意味で)衝撃的な映像が最も有名な作品ではあるが、他にも、霊現象をすべて気のせいで済ませる警備員のすっとぼけた様子が笑いを誘うもどこか空恐ろしい「夜警の報告書」や、女子学生(演じるは堀北真希)が体験する恐怖を描く真っ向勝負のホラー「視線」などといった珠玉のエピソードがそろっている。

 中でも個人的に気に入っているエピソードが、「未来忍者 慶雲機忍外伝」「ゼイラム」などでお馴染みの雨宮慶太監督が手掛けた「約束」だ。ある男が叔父の家で長期間の留守を頼まれる。何をしてもいいが、ひとつだけ守ってほしいと約束させられたのが、いつ何時でも名前を呼ばれたら必ず返事をすること。彼は最初のうちはそれを守っていたが、やがて……という内容。最後に待ち受ける映像のインパクトはバスケットボールババアを遥かに超えるレベルで凄まじく、さすがは雨宮監督と感心する仕上がりである。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング