ピエール瀧容疑者逮捕で協議中だった映画「麻雀放浪記2020」公開が決定

映画.com / 2019年3月20日 11時8分

写真

 [映画.com ニュース]  ピエール瀧容疑者が麻薬取締法違反の疑いで逮捕されたことを受けて「公開を協議中」とアナウンスしていた映画「麻雀放浪記2020」だが、配給の東映が3月20日、劇場公開が正式に決定したことを会見の場で発表した。

 1984年に和田誠監督で映画化された阿佐田哲也のベストセラー小説「麻雀放浪記」を、主人公が1945年から2020年にタイムスリップするという大胆なアレンジを加えて映画化した本作。劇中で瀧容疑者は、第三次世界大戦が勃発したことで開催中止となってしまった東京オリンピックの組織委員会会長の役を演じている。

 東映の多田憲之社長は「『麻雀放浪記2020』の劇場公開を正式に決定したことをご報告させていただきます」と声明文を読み上げると、「劇場公開については、中止または延期、編集した上での公開、ノーカットでの公開など議論が重ねられましたが結論に至らず、配給担当の弊社の判断で、4月5日、ノーカットのままで公開することにいたしました」と明言した。

 理由として「あってはならない罪を犯したひとりの出演者のために、作品を待ちわびているお客さまに、既に完成した作品を公開しないという選択肢は取らないという結論に至ったということでございます。現状、ほとんどの映画は劇場公開からスタート致します。劇場での上映は有料であり、かつ観賞の意志を持ったお客さまが来場し観賞するというクローズドなメディアでありますので、テレビ放映またはCMとは性質が異なります」と説明。さらに公開に際し、「お客さまに対しては劇場公開時にポスター、および上映前のテロップで、逮捕されたピエール瀧容疑者が出演していることを明示致します」という旨を明かした。

 ただし、製作委員会に参加する企業もさまざまな立場があると切り出した多田社長は、「いろんな意見があり、現在でも議論は続いてる状況。今後、製作委員会を降りる企業さんも出てくるかもしれない。また、劇場さんも(今回の決定を)ご存知ない状況。どういうリアクションが返ってくるかまだ分かりませんが、ここは公開するという強い意志を持っております」とコメント。さらに出演者の不祥事により、公開自粛、延期、再撮影などを余儀なくされ、影響が甚大である現状については「それは映画会社だったり、製作委員会の判断だったと思いますが、東映としても個人としてもちょっといきすぎだなという印象は持っていました。スタッフが総力をあげて作ったものをボツにしていいのか、はなはだ疑問に思っておりました」と言及しつつも、「ただそれが東映に起こるとは思っていなかった。当事者になったということで、かなり悩みました。東映もいち株式会社なので、コンプライアンスがあります。でも映画会社の責任としてここは公開したい。そういった思いを社員に伝えました」。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング