佐野勇斗×森永悠希×山田杏奈×眞栄田郷敦×鈴木仁「ちい恋バンド」沖縄で深めた絆

映画.com / 2019年5月23日 14時0分

写真

 [映画.com ニュース] 沖縄出身のロックバンド「MONGOL800」が2001年にリリースした楽曲「小さな恋のうた」は、平成のカラオケで最も歌われた男性アーティストの楽曲ランキング第1位に輝き、世代や性別を問わず今なお歌い継がれている。そんな不朽の名曲をモチーフにした映画「小さな恋のうた」が誕生した。幾度となく沖縄で取材を重ね、8年にも及ぶ歳月をかけて完成した物語は、MONGOL800の楽曲に込められた知られざるメッセージを導き出し、日本とアメリカ、フェンスで隔てられたふたつの「国」が存在する沖縄で、音楽とともに生きる若者たちの熱い青春模様を描き出す。(写真/間庭裕基)

 劇中に登場する高校生バンドのメンバーを演じたのは、佐野勇斗、森永悠希、山田杏奈、眞栄田郷敦、鈴木仁という注目の若手俳優陣。実際に楽器を演奏し、息の合ったところを見せているが、今回のインタビューも、そんなメンバーの仲の良さが垣間見えるものとなった。

――MONGOL800(以下「モンパチ」)の「小さな恋のうた」といえば、世代や性別を問わず今なお歌い継がれる名曲ですが、モンパチはお好きでしたか?

 佐野:これはいろいろなところで言わせてもらっているのですが、初めて自分で買ったのが「小さな恋のうた」だったんです。それから「M!LK」というグループに入るために歌った曲でもありました。だからお話をいただいた時はそれこそ運命だなと思いましたし、僕の人生の中でも大きな意味を持つ曲ですね。僕自身、モンパチさんのファンなんで、そこは失礼のないようにしたいなと思いました。

 森永:沖縄に行った時なんか、本当に沖縄県民全員がモンパチさんの親族なんじゃないかというくらい県民全体で応援していて。本当に素敵なバンドだなと思いましたね。

――今回はオール沖縄ロケだったそうですが、振り返ってみていかがですか?

 山田:やっぱり沖縄というと綺麗な海、空というイメージが大きいじゃないですか。でも実際に行ってみると、沖縄の人にとっては普通に生活の場なんだなと思いました。当たり前のように基地があって、フェンスがあって、という環境なんだなと。私は今回、初めて沖縄に行ったので、もっと観光気分になるのかなと思ったんですけど、意外とそうでもなくて。昔からそこにいたような気がしたというか。そういった空気感が沖縄の魅力なのかなと思いました。

 佐野:今、杏奈ちゃんが言っていたみたいに、めちゃめちゃ有名な観光地に行ったわけではないんですけど、なんだか沖縄の独特な空気を感じることができましたね。気候もそうだし、人もすごい優しい。沖縄のきれいな海や空を前にしたからこそ生まれてくるようなアドリブ芝居もありました。全編沖縄での撮影にこだわったのは、本当に良かったなと思います。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング