西島秀俊×佐々木蔵之介×本田翼が「空母いぶき」で放つメッセージとは?

映画.com / 2019年5月25日 11時0分

写真

 [映画.com ニュース] 「沈黙の艦隊」で知られるかわぐちかいじ原作のベストセラーコミックを実写映画化した「空母いぶき」が、全国で公開中だ。平和を願う新時代を迎えた日本だが、世界は戦争や侵略などの脅威に脅かされ続けている中、自衛隊の存在意義や戦争観など、現代日本人が考えなければならない問題は山積している。そんな状況だからこそ、この作品は映画化されたといっても過言ではない、誰もが見るべき問題作に仕上がった。日本初の空母「いぶき」の艦長に抜擢された秋津を演じた西島秀俊、その副長・新波を演じた佐々木蔵之介、そして事件が起きた空母にたまたま乗り合わせてしまったネットニュース記者・本多を演じた本田翼に話を聞いた。(取材・文/よしひろまさみち、写真/間庭裕基)

 近未来。東南アジアに東亜連邦という武装勢力が台頭し、アジア各国を脅かす存在に。クリスマスイブ前日、沖ノ鳥島沖の群島にその武装集団が突如侵略。現場に急行した海保巡視船は拘束されてしまう。日本が初めて直面する専守防衛の局面に自衛隊、政治家らはどのように対処するのか……。

――この作品のオファーを受けて原作を読んだとき、率直にどのように感じましたか?

 西島「とんでもなくすごい作品だと思いましたし、実写映画化するとなると確実に問題作になるだろうと思いました。監督やプロデューサーにお話をうかがいましたが、そこで一致した意見は“平和のための映画にしよう”ということ。そのときに名前が挙がっていたキャストの皆さんも同じ気持ちで覚悟を決めて現場に入るはずだ、と僕自身も気を引き締めて挑みました」

 佐々木「原作は近未来という設定ですが、今のこの世の中、いつこの事態が起きても不思議はないというリアリティに戦慄しました。最初、出演のお話をうかがったときは、正直言って出演すべきか否か悩み、戸惑いは隠せませんでした。でも、西島さんと同じですが、平和のための映画、というテーマに賛同しましたし、それなら挑戦してみようという気持ちになりましたね」

 本田「私はおふたりが演じた自衛官とは違い、事件に巻きこまれたジャーナリストを演じていますが、原作にはいない役なんですよね。だから、最初にお話をうかがったときは、いったいどうして私が演じる本多がいるんだろう、と不思議に感じたんです。それで脚本を拝見したんですが、この作品の世界観を説明する、ある意味作品をご覧になっている観客の皆さんと同じ視点の役だということに気づきました。本多はジャーナリストですが、まだ駆け出しで、ジャーナリズムを完全に理解して仕事しているワケじゃない女の子。そんな一般人に近い目線だからこそ、私が演じる意味もあるのかな、と思いながら演じました」

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング