22歳の日本人監督が描いたキリストの映画が海外で高評価 「僕はイエス様が嫌い」

映画.com / 2019年6月6日 14時0分

写真

(C)2019 閉会宣言

 [映画.com ニュース] 第66回サンセバスチャン国際映画祭の最優秀新人監督賞を22歳の史上最年少で獲得し、その後も世界中の映画祭で数々の受賞を重ねている、新鋭・奥山大史監督の「僕はイエス様が嫌い」。公開初日のTOHOシネマズ 日比谷の舞台挨拶はソールドアウト、6月1日には全6回の上映が早朝に売り切れるなど、好調な興行スタートを切った。本作はミッション系の小学校へ転校した主人公の前に、願い事を叶えてくれる小さなイエス様が出現、学校や家庭での様々な経験を経て、少年の死生観を描く物語。自身の経験も重ね合わせたと語る奥山監督に話を聞いた。

--長編初監督作が世界の映画祭で評価されました。英題は「JESUS」ですし、キリスト教を題材にすることも含め、企画段階から海外での上映を意識していたのでしょうか?

 「この作品を作っている最中は全く考えていませんでした。以前短編映画を作った時はそういう気持ちはありましたが、審査に通らなかったので、まずは日本で認められるものを作らなければと思って。海外の映画祭への応募の仕方はわかっていたので、通るとは思ってもみませんでしたが送ってみたんです。神様の捉え方が日本独特で、あえて宗教をまたぐような描写もしているので、海外の特にキリスト教圏の観客から『そうじゃないんだろう』と思われるんだろうな……なんて思って評価される期待もしていませんでした。意識していなかったのがよかったのかもしれないです」

--海外の映画祭で、現地の観客の反応はいかがでしたか?

 「サンセバスチャンでは、広大な会場から、10メートルくらいある大きなキリスト像が見えるんです。正直、ここでこの映画を上映して大丈夫なのかな……と。ですから、そういった場所で最初に見てもらえたというのは、本当にこの作品にとって幸せだったと思います。大衆的なエンタテインメント映画でもキリスト教についての考えや、聖句が出てくる作品がたくさんあるので、現地の方は見慣れているんですね。だから、日本の若手監督が宗教を扱うということに対しての興味が大きかったようです」

--監督ご自身の経験も投影されているとか。

 「高校生の頃から、自分がミッション系の学校に通っていたことをベースにキリスト教をテーマにした映画を作りたいと考えていて、大学に入って就職が決まって、長編映画なんて作れなくなるなと思った時に脚本を書き始めました。幼稚園から大学までミッションスクールだったので、宗教の授業はたくさんありましたし。聖書を一通り読んでいるので、子どもの視点ですが、賛美歌や聖句の選び方などは季節や行事に合わせて自分が体験してきた通りに描いたので、クリスチャンの国でも違和感がなく、感じてもらえたのかもしれません」

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング