コムアイ、インドネシア巨匠の白黒サイレント映画でライブパフォーマンス「地球人として声出したい」

映画.com / 2019年6月18日 13時0分

写真

Photo by Erick Wirasakti

 水曜日のカンパネラのコムアイが、国際交流基金アジアセンターによる、日本と東南アジアの文化交流事業を紹介する祭典「響きあうアジア2019」の一企画「『サタンジャワ』 サイレント映画+立体音響コンサート」に参加する。インドネシア映画界を牽引するガリン・ヌグロホ監督の作品に、サウンドデザイナーの森永泰弘が音楽をつけ、コムアイらと共にライブパフォーマンスを披露。国内外のミュージシャンも招聘し、7月2日に2度上演される公演は、映画と音と声を併せ、作品を完成させるという1日限りの貴重なコンサートだ。リハーサルを控えたコムアイに話を聞いた。(取材・文/編集部、写真/松蔭浩之)

--これまでの活動とはひと味違ったタイプの作品への参加となりますね。

 最初にガムラン音楽付きの作品を見ました。ガムランの第1人者が演奏されていたのが本当に素晴らしくて。その時に私ができるようなことが思いつかなかったので、実は一旦、お断りしかけたんです。

 以前から、タイのアピチャッポン・ウィーラセタクン監督の映画が好きなんです。伝統的で、その土地にうごめいている霊的なものをどう映すかということに興味があって。ヌグロホ監督の作品にも、同様のものを感じます。ヌグロホ監督と家族ぐるみのお付き合いをされている森永さんに、私の声がそういったものを内包しているように感じると誘われたので、ひとりじゃないし、やってみようとお受けしました。

--4月にインドネシアを訪問されたそうですね。

 リゾートのあるビンタン島は以前家族で行ったことがあり、バリ島にも行っていますが、インドネシアの文化って、これまでバティックくらいしか知りませんでした。今回は“K”のような形をしているスラウェシ島の南スラウェシに滞在しました。空港がマカッサルという街にあるんです。その前にニューヨークにいたのですが、「JFK空港じゃなくて、マカッサル空港に行くんだ私」って、全然知らない土地の名前にワクワクしていました。

 そして、秘境系の音楽にお詳しい森永さんと合流して、私は現地でお話を聞いたり、言葉をジェスチャーで教えてもらったり、楽器を教えてもらったり、誰かの踊りを真似したり、子供たちと追いかけっこしたり……「世界ふしぎ発見!」のミステリーハンターみたいなことをやっていていましたね(笑)。大家族のお宅にお邪魔したときに、暑かったので布をかぶってお化けのまねをして子供たちを驚かせたときは、自分が知らないところから来た何かという役を当てはめにいったと感じました。彼らが見えないものと共存している感覚がわかって面白かったです。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング