「両親を訴えたい」育児放棄、路上生活、児童婚…貧困・移民問題を少年の視点から描く「存在のない子供たち」

映画.com / 2019年7月19日 15時0分

写真

(C)2018MoozFilms

 [映画.com ニュース]2018年第71回カンヌ国際映画祭のコンペ部門で、審査員賞とエキュメニカル審査員賞を受賞、第91回アカデミー賞と第76回ゴールデングローブ賞外国語映画賞にもノミネートされたレバノン映画「存在のない子供たち」が、7月20日公開する。貧民街で生まれた少年が“自分を生んだ罪”で両親を告訴する、というセンセーショナルな導入から始まり、子どもの視点から同国の貧困・移民問題を抉り出したドラマ。来日したナディーン・ラバキー監督に話を聞いた。

 主人公はベイルートのスラム街で暮らす12歳のゼイン。貧しい両親が出生届を提出していないために、証明書を持たない子供だ。同じくIDのない妹は、初潮を迎えた後、形式的な結婚という形を取り、中年男性に売られてしまう。家出したゼインは、エチオピアからの不法移民労働者の女性ラヒルと知り合うが、ラヒルが逮捕され、彼女が残した赤ん坊の面倒を見ることになる。子どもだけでの生活が続く中、ゼインは妹が妊娠し死んだことを知る。

 主人公のゼインを演じた、同名のゼイン・アル=ラフィーアは、シリア難民として家族でレバノンへ逃れたものの、貧しい生活を送り、学校になじめず10歳からアルバイトで家計を助けていた少年。ゼインを含めたキャストほとんどが、プロの俳優ではなく、難民や元不法移民、そしてベイルートの貧民街で暮らす人々だ。

 「その理由は、演技をして欲しくなかったのです。これほどまでの苦難を描く中で、役者経験のない方に、飢餓感だとか、誰にも気づかれない透明人間のような人物を演じてください、というのはとてもリスペクトを欠くこと。脚本のあるフィクションのドラマですが、作り物にしてはいけない、そういった思いが強かったのです。彼らと一緒にこの作品を作り、自分たちの経験を通して、どんなことを口にするのか、どんなことを感じるのかを彼ら自身に表現して欲しかったのです。とはいえ、脚本には3年をかけました。長いリサーチの中で、実際に出会った人々や、体験を観察し、ディテールを大事に作りました。撮影は、脚本があるからと決め込まず、彼ら自身の経験を物語に寄せていきました。フィクションとリアリティ、彼らもどちらかわからないような経験をしているので、時にはキャラクターではあるけれど、自分のことを話しているような瞬間もあったのです」

 学校には行かず路上で日銭を稼ぐ子ども、移民、難民の不法労働者、児童婚、人身売買など、目を覆いたくなるような貧困と不幸が次々に描かれる。これは誇張されていないレバノンの現実なのだろうか。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング