第41回PFFラインナップ発表! 審査員に山下敦弘監督、ゲストに富野由悠季総監督ら

映画.com / 2019年8月1日 17時0分

写真

PFFアワード最終審査員を務める山下敦弘監督

 [映画.com ニュース]インディーズ映画祭の祭典「第41回ぴあフィルムフェスティバル(PFF)」(9月7~21日)のラインナップが8月1日、東京のLOFT9 Shibuyaで発表され、PFFの荒木啓子ディレクター、PFFアワードの最終審査員を務める山下敦弘監督、「招待作品部門」のゲスト・諏訪敦彦監督が来場した。

 自主映画を対象とした日本初の本格的なコンペティションとなる「PFFアワード」は、応募総数495本。約4カ月にわたる厳正な審査の結果、18本が入選した。内訳は最年少の21歳から最年長の39歳まで、平均27.1歳。男性監督が12本で、女性監督が6本。最短7分から最長113分という作品が揃った。

 大阪芸術大学の卒業制作「どんてん生活」がPFFで特別上映された山下監督は、「昔、PFFに自分も出そうと思っていたんですが、光栄なことに特別上映という形で上映してもらって。そこから“ぴあ”と関わって、気付いたら自分が審査員をやっている。デビューして20年くらいなんですけど、もう審査員をやるような立場なのかと。感慨深いところはありますよね」としみじみ。「僕もスカラシップ(PFFが手がける劇場公開を前提とした映画製作プロジェクト)に憧れていたので、しっかりと審査しなきゃと思います。若手の人生がかかっていますからね」と決意を語った。

 今年の「招待作品部門」は、「劇場版 ガンダム Gのレコンギスタ I 行け!コア・ファイター」の特別先行上映を実施。ゲストには富野由悠季総監督も来場予定となっており、荒木ディレクターも「含蓄(がんちく)があって、哲学のある監督なので、若手にもぜひ話を聞いて欲しい」とコメントする。そのほか、「凄すぎる人たち」と題して、「カッコいい女性」「諦めない男性」たちを描いた作品を上映。日本初上映となる「おみおくり Sending Off」(イアン・トーマス・アッシュ監督)、「シューティング・マフィア」(キム・ロンジノット監督)をはじめ、「恐怖の報酬 オリジナル完全版」「殺しが静かにやって来る」「東京裁判」などを上映する。

 「ブラック&ブラック 映画と音楽」では、「私はあなたの二グロではない」「真夏の夜のジャズ」「DOPE ドープ!!」の上映を通じて、黒人による映画・音楽の魅力を紹介する。さらに「巨匠たちのファーストステップ Part4」では、日本初上映となるバリー・ジェンキンス監督の「メランコリーの妙薬」をはじめ、ジャ・ジャンクー、ルキノ・ビスコンティ、ルイ・マル、ジャック・ドゥミ、ライアン・クーグラー、レオス・カラックスら新旧の名監督たちのデビュー作を紹介。さらに「息もできない」の上映には、ヤン・イクチュン監督のゲスト来場も予定されている。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング