「ロジャー・ラビット 」のアニメーターが死去

映画.com / 2019年8月22日 9時0分

写真

実写とアニメを合成し話題を集めた「ロジャー・ラビット」 写真:Album/アフロ

 [映画.com ニュース]実写とアニメを合成したことで当時大きな話題を集めた1988年作品「ロジャー・ラビット」(ロバート・ゼメキス監督)においてアニメーション監督を務めたリチャード・ウィリアムズ氏が英ブリストルの自宅で他界したと、バラエティが報じている。享年86才。

 カナダのトロントで生まれたウィリアムズ氏は、1958年に発表した短編映画「The Little Island」で注目を集め、1971年の短編映画「A Christmas Carol」でアカデミー賞を受賞。その後、「ピンク・パンサー」シリーズのタイトルシークエンスを手がけた。「バック・トゥ・ザ・フューチャー」シリーズのロバート・ゼメキス監督による実写とアニメを合成した野心作「ロジャー・ラビット」においては、14カ月もの年月をかけて実写映像にアニメーションを加えた。その功績が讃えられ、アカデミー賞で視覚効果賞と特別賞を受賞している。

 ウィリアムズ氏は後進の指導にも積極的で、90年代にディズニーやピクサー、ILM、ドリームワークス、ワーナーでティーチインを実施。また、2001年にはアニメ教本「The Animator’s Survival Kit」を発表している。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング