ジョアン・ジルベルトを追ったドキュメンタリー監督、ボサノバの神様の死を悼む「バッハの死と同じような重要さ」

映画.com / 2019年8月23日 14時0分

写真

 [映画.com ニュース]今年7月に88歳で死去した、ブラジルの伝説的ミュージシャン、ジョアン・ジルベルト。「ボサノバの神様」と称され、08年以降は公の場から姿を消していたジルベルトの行方を追った、ドキュメンタリー「ジョアン・ジルベルトを探して」が8月24日公開される。ブラジル音楽をこよなく愛するジョルジュ・ガショ監督が来日し、作品について語った。

--ドイツ人ジャーナリストのマーク・フィッシャーが、ジョアン・ジルベルトに会いに行くが、叶わなかったという顛末を綴った著書を基に、あなたがその道程を追う…というフィクションを交えた探偵物語のような構成の映画です。ジョアンの不在が、逆に彼の存在を確かなものにしているような印象を受けました。

 はい、正にそれが、私がこの映画を製作するにあたってのひとつの目標にしていたことなんです。それは、もしかすると、私がジョアン・ジルベルトに実際会ったことがなく、コンサートに行ったこともないことも関係しているかもしれません。映画では彼の音楽、繋がりのある人びとや土地を映し、そこから彼の実像が見えてくるのです。また、この映画の中で、音楽は俳優のような役割を果たしています。何かを表わす象徴的なものではなく、それ自体が映画を先に進めていく、重要なストーリーの一部になっているのです。

--過去にも南米音楽に関するドキュメンタリーを製作されていますが、マーク・フィッシャーの本がなければ、ジョアン・ジルベルトについての映画を作ろうという構想はなかったのでしょうか。

 そう思います。もちろん、ジョアンに会いたいという気持ちは以前からありましたが、今回の映画はマークの本があったからこそのものです。そして、この本がなければ全く違う映画になっていたと思います。例えば、マルタ・アルゲリッチについてのドキュメンタリーでは、ライブのアーカイブ映像を使ったり、彼女のインタビューを取り上げたりしていますが、今回は、この本に出合ったために全く違う方向性の映画になりました。

--あなたとマーク・フィッシャーとの間には、音楽以外にどのような共通点がありますか?

 多くの共通点があります。母語ではないのですが、私もドイツ語を話しますし、マークの本はドイツ語で書かれているので、映画の中でもドイツ語のナレーションを行いました。また、生前の彼と私は同時期にリオ・デ・ジャネイロにおり、その時、私は彼のことは全く知りませんでした。今回の企画が進行し、私がブラジルから帰った後に、マークが撮った数千枚のデータを、彼の両親から受け取りました。それをパソコンに取り込んだら、彼がブラジルにいた同じ日に、私も同じ場所で同じような写真を撮っていたのです。そういった相似性は、少し恐ろしいと感じるほどでした。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング