南沙良、全編即興「無限ファンデーション」に「ワクワクしました」

映画.com / 2019年8月24日 15時40分

写真

舞台挨拶に立った南沙良

 [映画.com ニュース] 全シーンを即興芝居で紡いだ青春映画「無限ファンデーション」の初日舞台挨拶が8月24日、東京・新宿のK's cinemaで行われ、主演を務める南沙良をはじめ、共演する西山小雨、原菜乃華、小野花梨、近藤笑菜、日高七海、佐藤蓮、大崎章監督(「お盆の弟」)が登壇した。

 人付き合いが苦手な女子高生・未来(南)と、偶然出会った不思議な少女・小雨、未来のデザイン画を目にし、演劇部に誘うナノカらが“思いがけないひと夏”を送る。K's cinemaに加えて、群馬県高崎市とNPO法人たかさきコミュニティシネマが運営するシネマテークたかさきでの公開が始まった。

 「志乃ちゃんは自分の名前が言えない」で注目を集め、女優として躍進する南は「全編が即興だとお聞きして、驚きましたが、ワクワクしました」と回想。客席から「面白かった!」の声が飛ぶと、「自由な映画なので、ご覧になった皆さんが、どう受け取ってくださるか不安もあった」と安どの表情を見せ、「相手からもらう言葉もわからず、セリフも自分の中から出てくるものばかり。楽しみながら、お芝居させていただいた」と本作ならではの醍醐味を振り返った。

 自身の楽曲「未来へ」が映画の原案となった西山は「もともとは(楽曲の)ミュージックビデオを作るというお話から始まった。1曲がここまで広がるなんて、想像もしていなかった」と驚きを告白。完成したミュージックビデオには、南が出演しており「沙良ちゃんが出てくれて、すてきに仕上がった」と満足そうに語った。大崎監督は「この日のために、俳優部、スタッフ一丸で頑張ってきた」と感無量の面持ちで、「映画がヒットするのは、マスコミではなくクチコミ。SNSなどで発信してもらえれば、ロングランになるかも」と客席にアピールした。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング