90歳の現役セックスセラピスト、ドクター・ルースに質問 近年、顕著に増えた相談は?

映画.com / 2019年8月29日 19時0分

写真

ドクター・ルースこと ルース・ウェストハイマー氏 Photos by MAYUMI NASHIDA

 [映画.com ニュース] ホロコーストの孤児、元スナイパー、シングルマザー、3度の結婚という、波乱万丈の人生を送り、現在90歳で現役のセックス・セラピストとして活躍する女性を追ったドキュメンタリー「おしえて!ドクター・ルース」は8月30日公開する。チャーミングなキャラクターでたちまち人々を魅了する、ドクター・ルースことルース・ウェストハイマー氏に話を聞いた。

--渡仏し、ソルボンヌで心理学を学ぶ前から、セラピストを目指されていたのでしょうか? 何か別の職業など目指していたことはありますか?

 セラピストは目指していませんでした。私は小児科の医者になりたかったのです。しかし、医療を勉強できないと分かっていました。高校を卒業していなかったからです。またお金もなかったからです。化学のクラスも取っていなかったし、物理の勉強もしていませんでした。だから心理学者になろうと決めたのです。医者ではないけれど、人を助ける仕事ができると思ったからです。

--1950年代にシングルマザーという生き方を経験されました。当時は大きな決断だったと思いますが、選択の決め手はなんだったのでしょうか?

 私はシングルマザーになるほうが、退屈な結婚関係を続けるよりましだと思ったのです。映画を見た人は分かると思いますが、彼は見た目はカッコいい人だったのです(笑)。しかし、興味深い人ではなかったのです。でも私はラッキーでした。3番目の夫、フレッド・ウエストハイマーをスキー場で見つけたわけですから。さらに私がラッキーだったのは、ほとんど40年間も、素晴らしい結婚生活を送れたことです。彼は、(前夫との子)ミリアムを自分の子として養子にし、また2人の間にはジョエルが生まれました。2人はいまだにすごく仲が良いです。2人は素晴らしい結婚と素晴らしい結婚関係から生まれた子ども達です。だから、私は今日、あの当時どれだけ大変だったのかということすら、笑いにできます。1時間に1ドルで働いていたのにです。でもそれでも構いませんでした。その後私はラッキーだったのでフレッドに出会ったわけですから。唯一悲しいことがあるとすれば、彼が亡くなるのが早すぎたということです。彼は20年前に亡くなってしまいました。

--時代が移り変わることに、人々の性への悩みも変化していくと思います。近年で顕著に増えたと感じる相談はありますか?

 そうですね。変わっています。実は昨日新しい本が発売になりました。「SEX FOR DUMMIES」という本なのですが、それの改訂最新版です。その最新版の中で、孤独に関する新章を加えました。現在、多くの人が孤独であるように思うのです。人間関係を形成しない人が増えていると思います。会話を持つことの意味が失われていることについての章も加えてあります。それは、日本の方々も含めて、誰もが、スマホばかりを見ているから起きているのだと思います。そのせいで人と会話を持つ能力を失っていきます。レストランに行っても、家族全員がスマホを眺めている光景を目にします。私は今回、日本のみなさんに、警告したいのです。確かにスマホは大事です。けれど、それを横に置いて、人と会話を交わすことは非常に大事なことです、と。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング