第44回トロント国際映画祭を総括 票を集めやすい傾向にある作品とは?

映画.com / 2019年9月17日 14時0分

写真

Image credit: Courtesy of TIFF

 [映画.com ニュース] 第44回トロント国際映画祭は、オスカー前哨戦の皮切りとされる観客賞ほかを発表した9月15日に閉幕した。結果を語る前に、今年の特徴をお伝えしたい。(取材・文/よしひろまさみち)

 今年のトロントは、一言で言うと「いつもと違う」。まず、アカデミー賞が好む傾向にある、オスカーレースに関わるだろうと目されていた注目の作品群が軒並み控えめな評価だったこと。昨年でいうと観客賞を受賞し、そのままアカデミー賞作品賞を獲得した「グリーンブック」やアカデミー賞監督賞を受賞した「ROMA ローマ」をはじめ、「アリー スター誕生」「ファーストマン」「ある少年の告白」など。オスカーレースの有力候補として名を連ねていた作品のほとんどが、トロント国際映画祭で北米プレミアをしている。カンヌ国際映画祭やベネチア国際映画祭など、他の主要映画祭では、会期終盤に番狂わせな傑作が上映され主要賞をかっさらうことがある。だがトロントの場合、投票するのは一般の観客のため、作品が出尽くした終盤よりも、前半から初週末までに上映されたものの中で評価が高い作品が票を集めやすい傾向にある。

 今年の場合も例年通り、会期前半~最初の週末には、お披露目前から「このキャストや監督なら期待大」というような作品が続々上映された。だが、それらの評判は芳しくなかった。たとえば1966年のル・マン24時間レースで優勝したフォードと、優勝常連のフェラーリとの確執を描いた「フォードVSフェラーリ」や、トム・ハンクスがアメリカで広く愛された子ども番組の司会者を演じた「A Beautiful Day in the Neighborhood」、監督復帰4作目となるスティーブン・ソダーバーグの「ザ・ランドロマット  パナマ文書流出」、スターキャストで話題の「The Goldfinch」、ジュディ・ガーランドの伝記映画「Judy」など。キャストバリューやテーマ性からいってもオスカーレースに入りそうと上映前の期待が高かった作品群だが、どれも「悪くはないけど、ベストじゃない」という声が多かった。

 例年と違うことのもうひとつ。そんな前半戦の中で、飛び抜けて話題になっていたのが「パラサイト半地下の家族」だったことだ。字幕つきの外国語映画にこれほど評価が集まるのは珍しいのでは? といえるほど、行く先々で話題にのぼっていたのが印象深い。ちなみに同作は、映画祭開幕直後に上映されている。その後で話題になっていたのが「マリッジ・ストーリー」と「ジョジョ・ラビット」の2作。前者は別々の人生を歩むことを決めた夫婦が弁護士を代理人に立てたばかりに泥沼化した離婚劇、後者は空想の友だちがヒトラーというドイツの少年を主人公に、台頭するナショナリズムの脅威を笑いと涙で描いた作品だ。結果、これら3作品が観客賞の1~3位を占めた。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング