Disney+&Apple TV+、ヨーロッパ市場に進出

映画.com / 2019年10月7日 17時0分

写真

Disney+も欧州作品を増加させるため 躍起になっている

 [映画.com ニュース] 今年11月に全米でサービスを開始する新ストリーミングサービスのDisney+とApple TV+が、ヨーロッパ市場への進出に向けて準備を進めていると、米バラエティが報じている。

 Apple TV+は、Appleが立ち上げるストリーミングサービスで、11月1日にサービスを開始。ローンチ時には、ジェニファー・アニストンとリース・ウィザースプーンが共演する「ザ・モーニング・ショー(原題)」、ジェイソン・モモア(「アクアマン」)主演の近未来SF「See(原題)」など9本のオリジナル作品を独占配信する予定だ。

 一方、Disney+はウォルト・ディズニー独自のストリーミングサービスで、11月12日のローンチ時には「スター・ウォーズ」世界を舞台にしたスピンオフドラマ「ザ・マンダロリアン(原題)」を含む実写ドラマ7500話、ディズニー・チャンネルのコンテンツ5000話、ナショナル・ジオグラフィックのコンテンツ250話が配信する予定だ。

 先行するNetflixやアマゾンを追撃するため、両サービスはヨーロッパ市場への進出を目指しているというが、最大の懸念事項としてヨーロッパ独自の規定が挙げられる。ヨーロッパでストリーミングサービスを展開するためには、2020年末までにライブラリーの3割以上をヨーロッパ作品にしなくてはならないというものである。Netflixとアマゾンはヨーロッパのコンテンツを買い付けたり、イギリス、フランス、ドイツ、イタリア、スペインでのローカルプロダクションでノルマをこなそうと躍起になっている。

 ロンドンのコンサルティング会社Ampere Analysisによれば、Apple TV+のローンチ時のライブラリーにおけるヨーロッパ作品の割合は6.2%で、Disney+に関しては4.7%しかないという。20年末というタイムリミットが迫るなか、両社はヨーロッパ作品の買い付けに力を入れる一方で、ヨーロッパ発のオリジナル作品の企画開発に力を入れている。

 今後、米タイムワーナーのHBO Max、米NBCユニバーサルのピーコックなどの新たなストリーミングサービスがスタートするなかで、ヨーロッパにおける映画とテレビドラマの製作がますます増えることになりそうだ。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング