西田敏行、“生歌披露”の約束果たす!スカパラ谷中&前田航基が感動

映画.com / 2019年10月11日 18時0分

写真

西田敏行が挿入歌を披露 (C)今野 敏 (C)2019 映画「任侠学園」製作委員会

 [映画.com ニュース]地元密着型ヤクザたちが社会奉仕に奮闘する今野敏の人気小説を映画化した「任侠学園」(公開中)の大ヒット御礼舞台挨拶が10月10日、都内で行われ、主演の西田敏行が出席。初日舞台挨拶で「大ヒット御礼では歌います」と話していた西田は、約束通りに挿入歌「また逢う日まで」を披露した。

 木村ひさし監督がメガホンをとった本作は、義理と人情に厚すぎるヤクザ・阿岐本組が、経営不振の高校を建て直すさまを描く。阿岐本組組長を西田が演じ、西田と共にダブル主演を務める西島秀俊が、ナンバー2の日村誠司を演じている。

 舞台挨拶には西田のほか、主題歌「ツギハギカラフル」を担当し、西田とともに挿入歌も手掛けた東京スカパラダイスオーケストラを代表して、谷中敦も登壇。阿岐本組のメンバーを演じた前田航基がMCとして登場した。

 挿入歌「また逢う日まで」について、西田は「(原曲を歌う)尾崎紀世彦さんとは『釣りバカ日誌』で共演して一緒に歌うシーンがあってハモったんだけど、その時に尾崎さんは僕のこと歌うまいなぁと思ってくれていたみたいですよ(笑)」と思い出を交えておどけると、すかさず谷中は「本当に西田さんの歌は素晴らしいですよ」と絶賛。その後、観客の前で伸びやかな歌声を披露した西田は、「鳥肌が立ってしまった」と涙を浮かべる前田を見て、「俺、歌で泣かせることできるんだ」と大喜び。谷中も「笑ってようと思ったんですけど感動してしまって」と涙を拭っていた。

 そんな舞台挨拶が行われた翌日の今日11日、西田が歌う「また逢う日まで」のフルミュージックビデオが解禁された。本作を鑑賞した坂上忍が「西田さんが歌うのは“反則”ですよ。優しい気持ちになり、全部OKになってしまいます」(読売新聞より)と評した西田の歌声のほか、阿岐本組の面々が高校の生徒たちと心を通わせていく本編映像が使用されている。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング