サム・ライミが新作ホラーを監督

映画.com / 2019年10月22日 12時0分

写真

サム・ライミ監督 Photo by Alberto E. Rodriguez/ Getty Images for Disney

 [映画.com ニュース] 「死霊のはらわた」「スペル」のサム・ライミが監督するタイトル未定の新作ホラーを、米コロンビア・ピクチャーズが獲得した。

 米Deadlineによれば、新作はリブート版「13日の金曜日」の脚本家コンビ、マーク・スウィフトとダミアン・シャノンが執筆。島を舞台にしたホラーということ以外、詳細は明らかになっていない。ライミは監督のほかプロデュースも手がける。

 ライミは、2002年にスタートしたコロンビア・ピクチャーズ製作、トビー・マグワイア主演の「スパイダーマン」シリーズを監督した。新作は、ここ数年プロデュース業に専念していたライミにとって久々のホラージャンル復帰となる。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング